ライトノベル

2018年11月19日 (月)

神無月のマイ・フェア・レディ 下鴨アンティーク 4 (白川紺子)

下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 神無月のマイ・フェア・レディ』 はシリーズ第4弾。

1. 星の花をあなたに
2. 稲妻と金平糖
3. 神無月のマイ・フェア・レディ
4. 兎のおつかい

慧の父親のことや、鹿乃が幼い頃に亡くなった両親の馴れ初めなど、野々宮家周辺の過去が明かされます。

4話では、明治はじめの京都の様子が描かれていて興味深いです。時代がちがえば、それだけで知らない街を旅するようで楽しい。

今度京都に行ったら緑寿庵清水で金平糖を買ってみよう!

お勧め度:★★★★☆

2018年11月 2日 (金)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (白川紺子)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ 』は、シリーズ第2弾。

1. ペルセフォネと秘密の花園
2. 杜若少年の逃亡
3. 亡き乙女のためのパヴァーヌ
4. 回転木馬とレモンパイ

2話で「杜若」と出たときに「ひょっとしたら」と能を連想し「井筒」と続いて確信しました。能が絡んでくるのがうれしい。京都、アンティーク着物、能、おいしい食べ物。着物のことは詳しくありませんが、わたしが好きな要素が詰まっていて、読んでいて楽しい。

主人公たちが通うのは同志社だな、とか、東寺の弘法市で、小柄な鹿乃が迷子になるのも無理はないとか、風景が眼に浮かぶのも楽しいのです。

今作では、4話がいちばん面白かった。不可思議度ナンバー1です。野々宮家の鹿乃と良鷹はさしづめ、古い着物についた物の怪を調伏する陰陽師のようです。

お勧め度:★★★☆☆
    

2018年10月30日 (火)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 』 は、旧華族である野々宮家の娘・鹿乃が主人公。彼女は祖母から受け継いだ着物を愛用しているのですが、その着物は次々と不思議なことが起こります。

ずぼらなイケメン兄・良鷹と、大学准教授の下宿人・慧と3人暮らし。鹿乃は小学生の頃から慧を知っていて現在高校3年。京都を舞台に、ありえない不思議とほのかな恋物語を紡ぎます。

1. アリスと紫式部
2. 牡丹と薔薇のソネット
3. 星月夜

京都を舞台にした小説が好き。「あ、これは出町ふたばだな」「岡崎で能を見るなら京都観世会館だろうな」とか。演目は「熊野」と「石橋」かぁ。知っている場所が出てくるとうれしい。気軽に読めるので気に入ったのですが、外で読むには少女チックな表紙がちょっと恥ずかしい。

お勧め度:★★★☆☆

2018年10月19日 (金)

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (三上延)

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 ~扉子と不思議な客人たち~ 』は、シリーズ第8弾。

1. 北原白秋 与田準一編 『からたちの花 北原白秋童謡集』(新潮社)
2. 俺と母さんの思い出の本
3. 佐々木丸美『雪の断章』(講談社)
4. 内田百間『王様の背中』(楽浪書院)

前作で栞子と大輔が結婚することになり、一区切りついたのですが、今度はふたりの娘・扉子を加えて続きます。6歳の扉子は母親に似て本が大好きで勘が鋭い。店の売り物の本を読んではいけないと言われているのに我慢できず、隅っこに隠れて本に没頭しているような女の子。母親としては、もっと友達と遊ぶとかしたほうがいいのに、と心配なようです。

次作での扉子の活躍が楽しみです。

お勧め度:★★★★★

2017年8月27日 (日)

神様の御用人 6 (浅場なつ)

神様の御用人 (6) (メディアワークス文庫)
神様の御用人 (6) 』はシリーズ第6弾。

1. 東国の武者
2. 神様と兄と妹と
3. 親愛なる姉上へ

なにやら企んでいる幸太郎に「旅費は出すから」と言われ、ホイホイと東京までついてきた良彦(と黄金)。そこで平将門に出会い、自分を裏切った藤原氏の末裔に仕返しをしたいと御用を頼まれてしまいます。その末裔とは…。良彦のまえに突然現れる大国主神が可笑しい。

3話目は、いま話題の九州は沖ノ島。宗像三女神に呼び出されます。東へ西へと御用人も忙しい。

お勧め度:★★★☆☆

2017年7月 2日 (日)

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんとビブリアファイト部活動日誌 (峰守ひろかず)

ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 (電撃文庫)
こぐちさんと僕のビブリアファイト部活動日誌 』は 『ビブリア古書堂の事件手帖』のスピンオフ。主人公は鎌倉の高校生、卯城野こぐちと、前河響平。こぐちは唯一の図書部員として、旧校舎にある旧図書室で過ごしていたのですが、旧図書室の使用権を賭けて響平とふたりで「ビブリアファイト」を行うことになったのです。

1. コナン・ドイル『名探偵ホームズ I 赤い文字の謎』
2. 中島敦『李陵・弟子・名人伝』
3. L•M•オールコット『若草物語』
4. ル=グウィン『影との戦い ゲド戦記 I 』
5. ミヒャエル・エンデ『はてしない物語』/鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』

ビブリア古書堂の事件手帖』が7巻で完結すると同時に、こういう本を出すなんて商売が上手いなぁ。本家はラノベだとは思えなかったけれど、こちらはラノベ全開。イタイ男子高校生と内気美少女の物語。「ビブリアファイト」は、5分間で本をプレゼンして、審査員に「読んでみたい」と思わせたほうが勝ち。本のチョイスが高校生っぽい。だけど、ちゃっかり栞子さんも登場していて楽しめました。

さて、ふたりは旧図書室を守り切ることができるのでしょうか?

お勧め度:★★★☆☆

2017年6月24日 (土)

マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏)

マージナル・オペレーション改 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション改 02 』は本編の後日談の続編。3000人の子供たちの安住の地を求めるにも先立つものが必要、というわけで、ジブリールとふたりで中国に出稼ぎに来たアラタです。

1. 語学研修
2. 戦争の学校
3. 豆坦克について
4. 占領計画
5. 逃走

中国で語学、武器などについて研修を受けたのち、北朝鮮に派遣される予定なのですが、ふたりを出迎えたのは、シベリアのお目付役パウローでした。

ジブリールも語学研修を受けるものの勉強は苦手なようで、アラタに手料理をふるまうことに力を注ぎます。パンダのエプロン姿のジブリールがかわいい。アラタの鈍感ぶりは鉄壁ですが、ジブリールも諦めません。アラタにすれば、拗ねるジブリールはめんどくさいだけなのですが「子供」は好きなので邪険にはしません。ジブリールが「大人」認定されたとき、嫁にするか捨てるか、ふたつにひとつ。後者はジブリールの死を意味するでしょう。(こわい)

語学はともかく、ドローンが重要視されているのがリアル。マジオペは「軍事ラブコメ」なので、なにげに現実世界の裏側を匂わせてくれるのも魅力のひとつ。

ジブリールは「アラタはわたしが守ります」というだけあって最強です。しかし、子供たちにこんなことをさせるなんて、アラタの心がよく折れないものだと感心します。

お勧め度:★★★★★

2017年6月 3日 (土)

新説 狼と羊皮紙 狼と香辛料 (支倉凍砂)

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)
新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 』は 『狼と香辛料』の1世代後日譚。聖職者になる夢を叶えるため旅立つコルに、ホロとロレンスの娘ミューリが強引についていってしまいます。あの「ホロ」の娘ということで、さて、どんな女の子に育っているのか興味津々です。

ロレンスがホロに翻弄されていたのと同様、コルもミューリに好かれて振り回されます。ケモ耳娘のファンタジーラブコメです。幼いはずなのに、時々コルより年上のように鋭いツッコミを入れるのがアンバランス。

コル自身も、聖職者になりたいといいつつ教会(教皇)に逆らう勢力につくというのが不自然。1巻の印象としては、非常に危ういバランスのうえに成り立っている物語なので、途中でコケないことを祈ります。

お勧め度:★★★☆☆

2017年5月20日 (土)

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (大沼紀子)

([お]7-8)真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)
真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者』はシリーズ第5弾。久しぶりに手に取った5冊目は500ページ以上の大作。紹介文に「母親と久しぶりの対面を果たした希実だったが」とあったので、ちょっと重たい話かと思ったら、すごく重い話でした。疲れました。

おそらく次巻が最終巻。それに備えて、これまでの伏線を回収しておくためと、登場人物とその縁者たちの過去を振り返るために、話が長くなったのかもしれません。

今回感心したのは、希実が人の話を鵜呑みにせず、別の伝手をたどって裏を取ろうとするところ。これなら詐欺には簡単には引っかからないはず。逆にいえば「高校生にしては用心深いな」ということになるのですが。

パンは大好きなので、美味しそうなパンの話を読んでいるとお腹が空いてきます。また、岐阜のパンシノンに行きたいなぁ。

お勧め度:★★★☆☆

2017年5月 9日 (火)

居酒屋ぼったくり 6 (秋川滝美)

居酒屋ぼったくり〈6〉
居酒屋ぼったくり〈6〉 』は シリーズ第6弾。4巻まで読んでいたので、ほんとうは5巻が読みたかったのですが、名古屋市図書館で2冊予約して、5巻は半年待っても42番目。待ちきれないので6巻を先に借りました。早く読みたい場合は買えばいいのですが、この本だけは表紙のせいで買う気になれません。逆に『マージナルオペレーション』は新刊を即買います。

・秋休みの花火大会
・振り込め詐欺事件
・町の本屋
・釣り合わぬ恋
・路地裏の出来事
・似て非なるもの

1話目は「読んだ覚えがあるぞ」。6巻は初めてのはずなのに…あ、Webだ。以前Webで読んだことがあるのです。リアルタイムにWebで読むのもいいけれど、あとから本でまとめて読むのとどちらかに決めたほうがいいですね。混乱します。

「釣り合わぬ恋」は「身分違いの恋」らしいのですが、いまどき「身分」ってなんでしょう。江戸時代じゃないのだから、たとえ相手が皇族だったとしても、それは「家柄」でしょう。意味がわかりません。

それと『ショッピングプラザ下町』って、そんな店名つけるわけないでしょう。作者もいろいろ考えたのでしょうね、きっと。具体的な地名は出せないし、下町情緒を前面に出してるから「そのまま行くか」となったのでは?

店主の美音と要は付き合っているようですが、美音のおぼこさ加減には驚きます。そこがかわいいといえば可愛いのですが、なんだかなぁ。今時めずらしい女性です。

旨い肴と人情の機微が『居酒屋ぼったくり』の売り。ホッとさせてくれる一冊。なのですが、心がざらざらしているときは粗が気になっていけません。ホッとしたくて読んだ本でイライラしていては意味がありません。こういうときは、粗など微塵も感じさせない、一流の小説を読むべきなのでしょう。

お勧め度:★★★☆☆

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ