現代小説

2017年10月30日 (月)

左京区桃栗坂上ル (瀧羽麻子)

左京区桃栗坂上ル
左京区桃栗坂上ル 』 は 『左京区七夕通東入ル』、『左京区恋月橋渡ル』に続く3作目。久しぶりだと思ったら5年ぶりだとか。京都を舞台に、不器用な理系男子たちが、女子と関わる甘酸っぱい日常を描きます。

今回のヒロインは、幼い頃から父親の転勤のために日本中を引っ越して回った上原璃子。奈良で出会った安藤果菜とは親友になり、高校入学時に大阪へ越してきた璃子と再び交流が始まります。

全体にほんわかした印象があるのは璃子の性格でしょう。果菜には兄の実がいて、歴史オタクのぼんやりした雰囲気を纏って見えるあたり、璃子と似ているかも。そんなぼんやり男を璃子は「お兄ちゃん」と慕うのですが…。

文中には現れませんが、舞台は京都大学農学部。と聞くと森見登美彦を思い出しますが、瀧羽麻子も京大卒。吉田山や出町柳周辺の様子が目に浮かびます。璃子が、研究室で飼っているワニのモモちゃんを散歩に連れ出す下りは豪快で愉快です。周囲はみんな怖がるのだけれど、璃子だけは「かわいいのに」と呟く。動物大好きな璃子なのです。

前2作を読んでいなくても大丈夫。興味のある方はぜひどうぞ!

お勧め度:★★★★★

2017年10月26日 (木)

最後のプルチネッラ (小島てるみ)

最後のプルチネッラ (Style‐F)
最後のプルチネッラ 』 は、三浦しをんの『本屋さんで待ち合わせ 』で紹介されているの見て図書館で借りてきました。ナポリを舞台にした神の道化の物語です。

神に人生を与えられた道化は、あらゆる人生を経験していきます。記憶をもったまま転生を繰り返し、いつか神を笑わせるまで、それは続くのです。

「道化とは<ゼロ>であり同時に<すべて>である。プルチネッラになるためには、あらゆる役を演じ、自らのからだの中にいくつものからだの記憶を重ねてゆかなくてはならない」ということで、名門演劇一家のルカと、大道芸人ジェンナーロは「最後のプルチネッラ」になるべく劇場のワークショップに参加します。最初は互いに反発しあっていたふたりですが…。

「ナポリの<ごろつき>いわく「人生ってのはとびきりゆかいな遊びなんだから」。このあたりに国民性のちがいが感じられます。どんなにつらくても悲しくても笑いを忘れない、あきらめない人たちがいます。

「プルチネッラとは悲しみを抱きしめて、それでも生きて笑うことを選び続けたすべてのナポリ人、ナポリの魂なんだよ」。

仮面劇というと、わたしは能を思い出してしまいます。笑わせるのは狂言であって能ではないし、能に即興劇はありません。文化のちがいは好奇心を刺激します。

お勧め度:★★★★☆

2017年10月23日 (月)

ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン12 (小路幸也)

ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン
ラブ・ミー・テンダー』は、我南人と秋実の出会いを描いた番外編、第12弾です。

昭和40年代なので、古書店「東京バンドワゴン」の堀田家は、勘一とサチ、それに一人息子の我南人だけなのですが、猫が二匹と、近所の大学生が出入りしています。それでも、平成の堀田家は4世代同居ですし、サチさんも幽霊ではなく、お元気です。(笑)

ロックバンド<LOVE TIMER>として活躍中だった我南人がコンサート帰り、やくざに絡まれている秋実を助け、怪我を手当てするため家に連れ帰ったことが発端です。事情を聞くと秋実は、歌手として活躍中の親友を助けるため、埼玉の養護施設を抜け出してきたというのです。

話を訊いていくと、偶然がいくつも重なって、芸能界の揉め事なら<LOVE TIMER>の顔を使えるということになって我南人は…。

久しぶりに小説を楽しく読めました。それこそ昭和のテレビドラマを観るように。持ち込まれたトラブルを仕切るのは主人の勘一なのですが、善人面するのではなく、立派な大人が(子供みたいに)悪戯を仕掛けるようで面白いのです。その悪戯が最後はとんでもない大騒ぎに発展するのですが、そこがフィクションならではの痛快さです。

「東京バンドワゴン」シリーズの愛読者であれば、絶対読むべきです!

お勧め度:★★★★★

2017年10月17日 (火)

水の家族 (丸山健二)

水の家族
水の家族 』は、三浦しをんの『本屋さんで待ち合わせ 』で紹介されているの見て興味を持ちました。読み始めると、いとうせいこうの『想像ラジオ 』を思い出しました。そう、主人公は死者なのです。

半島の片隅、忘れじ川が流れる草場町に暮らす一家には、馬を育てる祖父、漁師の父、桃を育てる母、銀行員の兄と兄嫁、やくざな弟、天真爛漫な妹がいます。主人公は大学まで出してもらいながら親不孝な奴でして、家を飛び出したかと思ったら密かに舞い戻り、密かに死んでしまうのです。

そして、主人公は成仏できず、雨のこと、川のこと、山のこと、家族のこと、赤子のこと、馬のこと、魚のこと、亀のこと、凧のこと等々、自然と家族の営みを眺めながら自省を込めて語っていきます。本書のタイトルは「水の家族」以外にありえません。

作中「私は肉体無しの状態に疲れを覚える」とあります。幽霊ってそうなのでしょうか。疲れるのは肉体であって、肉体から解放された魂であれば疲労とは無縁だと思っていました。片足を失っても、まだそこにあるように感じるように、肉体もまたそうなのでしょうか。

三浦しをんが勧めてくれる本は骨太な小説が多く、読み応えがあり、新鮮です。

お勧め度:★★★★☆

2017年10月 2日 (月)

灯台守の話 (ジャネット・ウィンターソン)

灯台守の話 (白水Uブックス175)
灯台守の話 』は、三浦しをんの『本屋さんで待ち合わせ 』で紹介されていて「旅をする物語」に興味を持ちました。

Caperas

母を亡くした10歳の少女シルバーは、スコットランド北端のラス岬の灯台守ピューに後継者として引き取られます。ピューは盲目ですが、夜ごと、牧師バベル・ダークのお話をしてくれます。灯台守の仕事は光を守るだけでなく、船乗りたちから物語を集め、語ることなのです。

やがて灯台が無人化されることに決まり、シルバーはピューと別れ、ピューが物語を通して教えてくれた真実の愛を求めて彷徨います。そうしてシルバーとダークの魂の遍歴が交互に語られていくのです。

I Love You. この世でもっとも難しい、三つの単語。でも、他に何が言えるだろう?

物語ることで人は救われる。自分のつらい境遇さえも突き放してフィクションにしてしまうことができれば耐えられるかもしれない。全き闇と容赦ない光。荒波に翻弄され押しつぶされる船。それでも物語ることをやめない人間の、〈物語〉です。

お勧め度:★★★★☆

2017年9月29日 (金)

不等辺三角形 (内田康夫)

不等辺三角形 (幻冬舎文庫)
不等辺三角形』は、日経新聞夕刊の文化面で紹介されていて、地元名古屋が舞台になっていることに興味をもって、読んでみることにしました。

名古屋の覚王山日泰寺の東側に「揚輝荘」という、松坂屋初代社長が建てた、いわゆる私設迎賓館が舞台。現在は名古屋市指定文化財となっていて、北園は無料、南園の聴松閣が入場料300円。先月長男といっしょに訪れたところだったのです。長男の感想は「1ヶ月くらい借りて住んでみたい」。そりゃ最高ですね。エントランス2階部分の明るい書斎でゆっくり本を読んでいたい。

小説では丁寧に取材されたことがわかります。漢詩が出てきたところで「リアルと同じだ」。もう一方の舞台である東松島のことはわかりませんが、おそらく同様かと。あとがきによると本書を書き上げるのに5年かかったそうです。

浅見光彦シリーズ三部作の最終巻だとか。主人公の浅見光彦はフリーのコピーライターなのですが、警察庁刑事局長の兄を持つため、本人が望まずとも警察に顔が効いてしまうので、探偵として通用するようです。

探偵としては上品というか押しが弱いところがあるのですが、嫌味がなく安心して読むことができました。

お勧め度:★★★★★

2017年9月25日 (月)

花咲舞が黙ってない (池井戸潤)

花咲舞が黙ってない (中公文庫)
花咲舞が黙ってない は、TVドラマになった『不祥事 』の続編。なんと13年ぶりだそうです。

1. たそがれ研修
2. 汚れた水に棲む魚
3. 湯けむりの攻防
4. 暴走
5. 神保町奇譚
6. 小さき者の戦い

上記6編の連作短編集という形をとっていますが「東京第一銀行が抱える闇を暴く」という筋が一本通っています。膨大な不良債権によって業績が悪化している東京第一銀行は、産業中央銀行との合併交渉の最中、不祥事の発覚は不利に働くため隠蔽しようと躍起になるのですが…。

花咲舞と臨店班コンビを組んでいる相馬健は「長いものには巻かれろ」主義で頼りないのですが、それでも相馬がうしろにいるから舞は(安心して?)思いっきりやれるのでしょう。相馬にすれば迷惑以外の何物でもないようですが。

突然、半沢直樹が登場したので驚きました。そういえば、花咲舞と半沢直樹って行動パターンが似ていますね。跳ねっ返りと倍返し。

経済エンタメ小説として一流といってもよいのではないでしょうか。とっても楽しめました!

お勧め度:★★★★★

2017年8月24日 (木)

神様の御用人 5 (浅葉なつ)

神様の御用人 (5) (メディアワークス文庫)
神様の御用人 (5)』も5冊目。久しぶりです。能を観るようになって古事記に登場する神様が身近になったので『古事記 』を読もうとしたのですがダメ。退屈で読めないのです。そこで思い出したのが本書。そうだ、続きを読もう!

1. 天孫の鏡
2. 英雄、鳥を好む
3. 大地主神の恋わずらい?
4. えべっさんの草鞋

この本は神様の御用を承る係に任命された25歳フリーターの萩原良彦が主人公。方位神の黄金(狐)がお供というかお目付役で、大主神社の宮司の娘・吉田穂乃香(女子高生)が神様が見えるので時々良彦を手伝っています。

御用の多くは、人の信仰心を失い、力を削がれた神様に対する助力なのですが、良彦が黄金はもちろん、初対面の神様に対してもタメ口なのが可笑しい。そういえば、良彦は文庫版の古事記を持っていて、それで神様のことを調べています。どの文庫だろう?

1話目に「途端に態度を軟化させ始める黄金を、良彦は能面のような顔で見つめた」という下りがあるのですが、ここでいう「能面」とは無表情とか無感情という意味なのでしょうね。でも、わたしもまだ勉強中ですけど、能面っていろいろあるんです。

そういえば、彼らが暮らすのは京都・出町柳周辺。吉田穂乃香ということは、彼女の父親が宮司を務める神社は吉田神社がモデルでしょうか。4話では、穂乃香が出町(枡形)商店街の時計店に出かける様子が描かれています。

そのとき良彦は西宮にいて、出町柳まで戻るのは「意外と面倒くさい」。スマホアプリ「Y!乗換案内」によると、阪神線で梅田へ出て、大阪駅から環状線で京橋へ。京阪に乗り換えて出町柳まで約1時間半。森見登美彦の描く京都は「あぁ、あのあたりだな」と、すぐ眼に浮かぶのですが、本シリーズはなぜか風景が浮かびにくい。だから自分で想像を膨らませる必要があるのがちょっと寂しい。

お勧め度:★★★☆☆

2017年8月19日 (土)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび (古内一絵)

女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび
女王さまの夜食カフェ - マカン・マラン ふたたび 』は『マカン・マラン - 二十三時の夜食カフェ 』の続編。商店街の裏通りの突き当たりにある怪しい一軒家「ダンスファッション専門店シャール」。それが夜はお針子たちの賄いを兼ねた夜食カフェ「マカン・マラン」になります。そこへ店のオーナーであるシャールが病から復活!

1. 蒸しケーキのトライフル
2. 梅雨の晴れ間の竜田揚げ
3. 秋の夜長のトルコライス
4. 冬至の七種うどん

美味しいものが出て来る小説が好き。「マカン・マラン」はお腹だけでなく、胸もいっぱいになる一冊。人生に悩み、毎日の生活に疲れたとき、迷い込んだ先が「マカン・マラン」であれば、あなたはラッキーです。

「俺たちは孤独だけど、ひとりじゃない」

そう、だから生きていけるんだ。と思わせてくれる一冊です。

お勧め度:★★★★★

2017年6月28日 (水)

本を守ろうとする猫の話 (夏川草介)

本を守ろうとする猫の話
本を守ろうとする猫の話 』は 『神様のカルテ 』の作者による長編小説。

高校生の林太郎は、夏木書店を営む祖父とふたり暮らし。だったのですが、祖父が他界し、呆然としているところから物語は始まります。叔母さんに引き取られることになっているのですが、ちょっとした事件が起きます。

1. 第一の迷宮「閉じ込める者」
2. 第二の迷宮「切りきざむ者」
3. 第三の迷宮「売りさばく者」
4. 最後の迷宮
5. 事の終わり

夏木書店は古典もしっかり揃えてある古書店。そこへトラ猫が現れて「本を助けてほしい」と頼みます。これは夏目漱石か、涼宮ハルヒか!?

林太郎は学校でも目立たない、自宅で本を読んでばかりいる引きこもり。「ぼくなんかよりもっと役に立つ人がいるだろうに」と断ります。が、猫は「おまえの力を貸してほしい」とねじ込んだ結果「迷宮」に連れていかれる羽目になったわけです。

第2章までは『STORY BOX』に寄稿したもので、以後は書き下ろしだとか。たしかに2章まではインパクトがあって引き込まれたのですが、後半はきれいにまとめすぎてて物足りず、ちょっと残念でした。

他にも、わたしは古書店が舞台になっている『東京バンドワゴン』『ビブリア古書堂の事件手帖』『書楼弔堂 』などがお気に入り。日経新聞で見たのですが、駒場公園の日本近代文学館1階に "BUNDAN COFFEE&BEER"というブックカフェがあるとか。そこでAKUTAGAWAという珈琲をいただいて、のんびり本に埋もれてみたい。

夏木書店のその後が気になるので、続編を期待しています。

お勧め度:★★★☆☆

より以前の記事一覧