グルメ・クッキング

2016年8月20日 (土)

[岐阜カフェ] 柳ヶ瀬:パンシノン

長男を誘って岐阜へ行ってきました。せっかく岐阜へ来たのだからとレンタサイクルを借りて金華山へ向かいます。途中、ベンテンドーで「栗粉餅」を買ってみました。写真を見ると「和風モンブラン」なのですが、容器の中で押さえられて「栗の粉をまぶした餅」になっていました。(残念)

御鮨街道を北上すると右手に山が見えるから「京都の東山を思い出すだろ」などと話しながらペダルを漕ぎます。岐阜公園にはいかにもポケモン族と思しき団体がおりました。ポケモンGOも飽きてきたのですが、岐阜城で記念になにか捕まえて帰ろうか。ロープウエイを降りてピッピを発見、捕獲しました。岐阜城からの眺めは相変わらず雄大。大好きな展望台です。

さて、パンシノンに到着したのが午後5時。店構えはパン屋さんらしからぬ重厚感があります。

Img_2760

店に入ってすぐに「パンシノン」、奥へ入ると「バールシノン」。そんな感じです。

わたしの目当てはバール。パンだとワインを連想しますが、長男ともどもアルコールは弱いのでノンアルコールビールを注文。パンがおつまみというのが想像しづらいので「おまかせプレート」をふたりでシェアすることにしました。おかず+パン盛り合わせということで、パンは温めたうえで半分にカットしてあり、ちょっとした心遣いがうれしい。おかずは生ハムとかサラダっぽいもの。これ何だろう。生クリームかと思ったらジャガイモだった、なんていうのもあります。でもでも、やっぱりパンが美味しい。クロワッサンなんかサクサクを通り越してシャクシャクなんですよ。あぁ、生きててよかった〜

当然「パンシノン」で販売しているパンをいただくこともできるので、ショーケースを偵察してきたわたしは「アンチョビクロワッサン」とキッシュ2種を頼みました。で、クロワッサンなんですけど、アンチョビが練りこんであるらしく、クロワッサンから魚の香りがするんです。妙な感じですけど、食べるとこれが旨いんです。しょっぱくてお酒に合う!

帰りに小ぶりなイギリス食パンを買って全部で3千円ちょっと。おいしかったし、とっても気持ちよく過ごさせていただきました。名古屋からなので通うのはむずかしいけれど、また行きたい!

お勧め度:★★★★★

2016年8月10日 (水)

[名古屋カフェ] 桜山:トップフルーツ八百文

今日も名古屋は暑くなりそう、というか、午前9時なのに30℃超えてます。

Img_2754

え、最低気温:-3℃ってなに? 夜間は道路凍結注意!

Img_2753

今日は(鶴舞図書館へ行くまえに)果物屋さんにモーニングをいただきに伺いました。店内が見えないのは西陽が当たるのを避けるためでしょう。

Img_2751

こちらでは生フルーツジュースを注文すると「ブルーベリージャムトースト+ゆで卵+カットフルーツ」が付きます。メニューは30種類以上あるのではないでしょうか。わたしはブルーベリー+ラズベリー(580円)を注文しました。

ジュースはたしかにおいしいのですが、思ったより甘い。もうすこし酸味があるほうが好きなんだけど、最近の果物は昔に比べて甘ったるいものが多くなったから仕方ないのでしょうか。

とても健康的な朝食でお腹が目を覚ましましたが、目を覚ますには珈琲のほうがいいかな。

お勧め度:★★★☆☆

 

2016年7月25日 (月)

[AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 2

岐阜公園で本を読んでいて、ふと顔を上げると金華山の頂上に岐阜城が見えます。双眼鏡を覗いたら、天守に人影がたくさん見えました。

Img_2709

公園のなかをウロウロしていたら茶店に「氷」の旗が揺れていて、気がついたら氷イチゴを頬張っておりました。「赤鰐」のリベンジです。プラスチックではなくガラスの器に金属スプーンがうれしい。食器は大事です。

Img_2706

岐阜公園から北上して長良川沿いを下ってみようと思ったのですが、河原に下りる道がありません。階段ならあるのですが自転車にはムリ。

Img_2711

仕方ないので長良川は諦めて、JR岐阜駅の南にある加納城跡に向かうことにしました。

Img_2712

橿森神社というのがありました。うーん、ここはどこかな?

Img_2713

この岐阜東通りというのをまっすぐ行って、名鉄加納駅を過ぎたら右折すればいい。

Img_2714

着いたところは加納公園。「加納城跡」の看板が立っていますが、残っているのは一部の石垣。そう、永く残るのは木ではなく石。ヨーロッパの古城のように、日本の城もすべて石造りにしていれば、もっと残っていただろうに。寺院だって落雷のたびに全焼しながら、なぜ日本建築は木を多用したのだろう? これは建築史を調べてみる必要がありそうです。

Img_2715

この公園の中心部は丸くて広〜い。こんもりと茂った大木の木陰にぽつんとベンチが置いてあって、とってもいい感じ。おまけに誰もいない。貸し切り。ベンチで本を開いて、ふと空を見上げると赤とんぼがたくさん飛んでる。夏だなぁ。

Img_2718

加納公園からすこし北上すればJR岐阜駅。南口にあるサカエパンに寄ったら「冷やしパンはじめました」という貼り紙。つられてフルーツデニッシュを買いました。が、冷たいのはフルーツのゼリー寄せであって、パンは冷たくない。これならアイスパンのほうがいいな。

Img_2720

帰宅してからツバメヤの本わらび餅をいただきました。折り詰めにきな粉が目一杯入ってて、わらび餅を掘り出しながら食べます。おいしい。たしかに、おいしいんだけど、感激するかというとそれほどじゃない。京都で有名なお店で日本庭園を見ながら食べたこともあるけれど、そもそもわらび餅に感激したことがない。他においしいものが山のようにあるせいなのか、わたしの味覚に問題があるのか。

それをいうなら五平餅もあちこちで食べたけれど、これも感激はありません。地元産のもち米を蒸して手間かけて焼いてタレをつけても、いまひとつピンとこないのです。

おいしいたこ焼きには感激するし、珈琲だっておいしいとうれしくなる。出町ふたばの豆餅と桜餅も特に感激はしなくても、京都に行けば食べたいし、食べれば幸せになれます。そう、世間の評価ではなく、自分が食べて幸せになれるかどうかが大事。要するに、食べ物には嗜好があるということなのでしょうね。

本わらび餅は、きな粉が大量に余ります。このきな粉は甘さ控えめです。近所でわらび餅を買ってきて投入するか、ヨーグルトのトッピングにするか、アイディア次第で活用してください。

「おいしい=しあわせ」方程式を信じているわたしにとって「いいところ」とは、おいしいものを食べられるところ。岐阜はいいところです。

今回も、ごちそうさまでした!

(おしまい)

2016年7月23日 (土)

[AppleWatch旅] 第2回 岐阜ポタリング 1

梅雨明け間近の、とんでもなく暑い休日。自転車でぶらつく(ポタリング)日和とは言えないのですが、どうせ名古屋も暑いので思い切って出かけることにしました。

Gifumap2

前夜、自宅のMac miniのGoogle Mapで目的地をピックアップし、お店の開店時間をチェック。

Google Mapは一度検索したポイントはその後も表示されることと、ある目的地を「別のモバイル端末に送信」できるのが便利。iPhoneのGoogle Mapを立ち上げて、送信した目的地を選択すれば経路を表示してくれます。

画面が小さいスマホを持って自転車で動くとき、経路表示や案内は不要で、目的地と現在位置さえ表示してくれればいい。経路表示が煩わしいときは、わたしは iOS9標準の「マップ」を使います。

Img_2694

午前9時、JR岐阜駅南口でレンタサイクルを1日100円で借りると、岐阜駅北西にある「敷島珈琲店」へ向かいました。7時開店なので、9時すぎに着くと満席。でも、そのおかげで相席になった男性にいろいろ話を訊くことができました。

Img_2692

ブレンド珈琲と名物のホットケーキが目当てだったのですが、店員さんに「モーニングは付けませんか」と訊かれたら「おねがします」というしかありません。野菜が新鮮なサラダもおいしいし、ヨーグルトには岐阜特産のはちみつがかけてあります。

Img_2693

お待ちかねのホットケーキが熱い鉄板にのってきました! シロップが鉄板に落ちるとジュワっと音がします。ナイフで切るときから柔らかいことがわかるのですが、口に入れるとほろほろと溶けるようにくずれていきます。うわ、なにこれ。美味しい! 鉄板で熱いまま食べられるのもいい。これは女性に人気が出るはずです。フレンチトーストも美味しいらしいので次回挑戦してみましょう。

このあと「更科」で「冷やしたぬきそば」を食べるつもりだけどダブル(大盛り)は多くないかと男性に尋ねると「いや、ダブルが基本でしょ。シングルは女性向き」。言ってくれますね。しかし、空手をやっている彼は大食漢なので、胃袋対決では勝負になりません。

Img_2696

岐阜西通りを北上し、東西通りに出たところで右折。このあたりかな、というところで北へ向かうとありました、更科。ナビの言うとおりに進むのが嫌いなので、ルート案内はムダなのです。到着したのは開店5分前の10時25分!

Img_2698

おおきくて古いテーブルには木製の薬味入れに、お茶の入ったヤカンとコップ。「冷やしたぬきそばの並」を頼むと速攻で出てきました。うーん、ふつうの丼にいっぱい入ってる。ダブルって一体…と周りをみると、ダブルはひとまわりおおきな丼です。あれはムリ。ついさっきモーニング+ホットケーキ完食したわたしには並でもつらい。

向かいに座った父が小学生高学年と思しき子に蕎麦を分けてます。子が並で父がダブル。子に「よく食べるね」。父に「ダブルって多くないですか」「いえ、平気です」「…」。

岐阜の人って、みなさん、たくさん食べるんですか?

冷やしたぬきそばのお味ですが、どこがどうということもなくふつうでございました。お昼を手っ取り早く掻き込みたいときによろしいかと。

Img_2701

満腹で死にそうになりながらも、11時に開店する「赤鰐」を覗いてみることにしました。かき氷なら入るだろう、と。ただ、開店10分前にはすでに長蛇の列。50人以上並んでるので諦めました。この暑いなか外で待つなんてムリです。

せっかくなので、近くの金神社へお参りしました。鳥居が金色なんですね。

Img_2719

岐阜高島屋裏にあるツバメヤは定休日のはずなのですが、さきほどチェックしてみたら「午前11時から本わらび餅を販売します」と貼り紙があったので行ってみることにしました。そして「ツバメヤのあんこ」といっしょにゲット! わらび餅は、途中でもしも、万一お腹が空くことがあれば食べてもいい。(結局、自宅まで持ち帰りましたとさ)

商店街だろうが、一方通行だろうが、お構いなしにチョコチョコ走り回れるのは自転車ならでは。半径5kmくらいはムダに行ったり来たりしたところで平気です。車だと止める場所に困るから、こうはいきません。岐阜市内はレンタサイクルが便利です。

Img_2703

とはいえ、こう暑いと自転車で走り回るのもつらいので、いつものように岐阜公園の日陰で読書することにしました。しかし、藤棚だと木漏れ陽が暑いのです。大木が重なり合って日陰を作っている場所を探してウロウロ。それでも暑いから、屋根のある休憩所に陣取ったものの、陽は遮っても熱気が周囲から迫ってくるのです。やっぱり木陰のほうが涼しい。

Img_2705_2

あとで思うと、あまりに暑いのを我慢してはいけません。身体に悪い。しかし、冷房が効いていて、ゆっくり読書できる場所なんて、あ、図書館か。今度は場所をチェックしておきます。でも、珈琲飲みながら、が理想なんだよなぁ。岐阜市に喫茶図書館ってないですか?

Img_2704

気分転換に、Amazon Musicで久保田早紀を聴いてみました。「異邦人」が懐かしい。屋外で、そばに誰もいなければ、iPhoneの外部スピーカーを鳴らして聴きます。そのときにApple Watchがリモコンになるのが便利。

聴くと涼しくなる曲ってないかな…。

(つづく)

2016年7月21日 (木)

[名古屋カフェ] 御器所:CAZAN珈琲店 本店

御器所って読めます? これ「ごきそ」って読むんです。その交差点の南西にありました。マウンテンコーヒーという珈琲豆を扱う会社の直営店だそうです。

Img_2688

ブレンド+モーニングセットにスープを追加したら、コンソメのミネストローネが出てきました。朝いちばんにはお腹にやさしい。お味はふつうです。

Img_2686

コーヒーはおいしいけれど、モーニングセットはおいしくありません。ぱさついたポテサラに、トーストも半ば冷めていて、おいしく食べてもらいたいという「愛」が感じられません。「どうせサービスなんだから」と思っているのかな?

Img_2687

7:30開店のところ、7:45に来たら、すでに半分以上席が埋まっていて、私はひとりだったのでカウンター席についたのですが、妙に椅子が高くて落ち着きません。8時すぎには満席になって待ち行列ができて、読書どころではありません。残念ながら、このお店はわたしの好みに合いませんでした。

Img_2689

本が読みたいのと、ケーキでも買って帰ろうと思ってたことを思い出して「それなら飲むケーキにしよう」と向かったのが、御器所交差点角のスターバックス。こちらは空いています。ソファの座り心地がよくて落ち着きます。iPhoneのスタバアプリの新着情報でみた「オレンジフラペチーノ」を注文しました。思ったより甘い。マーマレードが入ってるみたいな感じ。まさに「飲むスイーツ」。

今日の本は、原田マハの『暗幕のゲルニカ』。ピカソの「ゲルニカ」という反戦をテーマにした絵画をモチーフにした小説です。重いです。最後まで読めるかどうか不安。でも、ラストが知りたいから読むぞ!

Img_2685

今朝未明、マンションの廊下でカブト虫をゲットしました。廊下に落ちてるアレは、カナブンにしては大きいし、セミにしては真っ黒。おぉ、カブトじゃないですか。捕まえると角を振り上げて威嚇してきます。勇ましいなぁ。いわば昆虫界のティーガー戦車。記念撮影後、リリースしました。

夏休み、「ポケモンGO」もいいけれど、子供は現実世界で虫捕り、魚捕りしましょう!

2016年7月13日 (水)

[名古屋カフェ] 矢場町:sora cafe

岐阜・柳ヶ瀬の「ミツバチ食堂」でランチしようと思ったのですが、念のために同店のホームページをチェックしたら「店内改装中」のためお休み。他のお店を探したのですが、ピザやラーメンには食指が動かず、今日は名古屋で用事を済ませることにしました。

どうもわたしは食いしん坊、というか食い意地が張っているようです。どこかに遊びに行こうとすると、美味しいものを食べられる場所を探しています。まるで食べることが目的のように。わたしにとって美味しいもの探しはしあわせ探し。だから京都が好きなのです。しあわせがたくさん隠れています。でも岐阜もなかなか良いところです。もっと探検してみたい。

さて、鶴舞図書館の帰りにランチするところを探していて見つけたカフェ sora cafe です。山王通とJR中央線の交差点の北西角にあります。

Img_2680

立地としては、名古屋大学病院西の nocake.同様、交差点角にあるのですが、車で通るとよほど大きな看板でもなければ目に付きません。最寄駅からすこし遠いので、交通手段は車でしょうか。(わたしは自転車です)

Img_2678

洒落たカフェで、12時になるとお客さんが続々と来店されます。

入口脇のカウンター席について、とり天プレートランチと水出しアイスコーヒーを注文しました。15分ほど待つ間に読書(よこまち余話/木内昇)が捗りました。25cmほどの丸皿におおきな鶏肉が二切れ載っていて、かぼす醤油をかけて食べます。サラダもたっぷり。お腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした!

2016年6月17日 (金)

[名古屋カフェ] 国際センター:喫茶店かこ 花車本店

名駅のほうに、昔ながらの喫茶店があると聞いてやってきました。目の前に名古屋高速のガードがあるため、昼間でも薄暗い。

IMG_2589.jpg

ブレンドと小倉ジャムトーストを頼みました。サービスで野菜ジュースがついてきました。今日の文庫本は『東京すみっこごはん 雷親父とオムライス 』です。「テーラ・テール」のショップカードがしおりにちょうどいい。

IMG_2588.jpg

ブレンドコーヒーは深煎りでわたし好み。450円のブレンドは100円でおかわりできるそうですが、これを続けて2杯飲むのは胃に厳しい。小倉ジャムは意外なことに甘さ控えめ。トーストのバターの塩気と野菜ジュースで絶妙なバランスを楽しめました。トーストを食べ終えて再びブレンドを口にするとガツンと来ました。モーニングセットを頼むとコーヒーの刺激を味わうことができます。

店内はお客さんが大勢いるのに静か。BGMも流れてない。わたしはひとりだったのでカウンターに座ったこともあって、バタバタしているのは(ひたすらトーストを焼く)マスターひとり。

どんなに美味しいものを出しても、店の雰囲気を決めるのは人です。もうすこし接客に余裕があれば、いいお店になるだろうに残念です。

IMG_2591.jpg

ふだんは見向きもしないテレビ塔を見上げてみました。塔の下のお店は開店前。周囲は公園になっているのですが、人影もまばらでくつろぐ雰囲気じゃない。このあとどうしようかと考えていると、ポツっと雨? これじゃ公園で読書もむずかしいから帰ろうかな。梅雨はキライです。

お勧め度:★★★☆☆

2016年6月15日 (水)

[名古屋カフェ] 高岳:テーラ・テール

梅雨入りし、午後から雨予報。名古屋市内にあって、行きたくても行けていない店に自転車で足を運んでみることにしました。

桜通の小川交差点を北上し、最初の角を左折した左手にある「テーラ・テール」というパン屋さんです。2階がカフェになっています。

IMG_2586.jpg

朝8時開店に合わせて訪れたところ、店内にはすでに何組か来店中。ガラスケースの中からお目当てのパンを告げて取ってもらいます。全体にコンパクトでかわいらしい。女性受けしそうなパンが並んでいます。

IMG_2593.jpg

写真上の直方体のデニッシュが「ブール」(¥300)、時計回りに「サクネル」(¥250)「サリュー」(¥200)「クロックムッシュ」(¥260)。レシートに商品名が入っているので助かりました。パン屋さんの多くはレシートに金額しか入っていないので、あとで品名がわからなくなるのです。そんな細かいところから、お店の内外装、スタッフの対応まで、このまますっぽりデパートに持っていっても違和感ありません。

さて、肝心なパンのお味はどうでしょう?(帰宅後試食)

わたしは「もちもち系」よりも「さくさく系」が好み。サリューは外がさくさくなのですが、中がもちもち。見た目より食べ応えがあるのはよいのですが、全部さくさくのほうがうれしい。サクネルはすこし固めのさくさく。煎餅の「ざらめ」をパンにしたような感じ。「クロックムッシュ」は5x6cmのミニ食パンでハムと卵とチーズをサンドしたおかずパン。軽く温めて食べたら美味でした。ブールは3枚にカットしてトースト。軽いサクふわ食感で小麦とバターの味を楽しめます。4つの中ではブールがいちばん気に入った。

それにしても、開店時にひととおりの商品を並べてあるというのは立派。一体何時から働いているのでしょう?(お疲れさまです)

すぐに食べてみたいけれど、もう一軒、行ってみたい喫茶店があるのです。

IMG_2587.jpg
国際センター南の「喫茶店かこ」へ向かいます。

テーラ・テールのお勧め度:★★★★★

続きを読む "[名古屋カフェ] 高岳:テーラ・テール" »

2016年3月14日 (月)

ヤッさん 3 築地の門出 (原宏一)

築地の門出 ヤッさんIII
築地の門出 ヤッさんIII 』は『ヤッさん』シリーズ第3弾。1作目でヤッさんに弟子入りしたタカオが、再度弟子入り!?

タカオの妻・ミサキが蕎麦を極めようと蕎麦農家に住み込みで働くと言い出したために別居状態。ふたりのアパートは残したまま、野宿しながらヤッさんと行動を共にするのですが「なんでまた?」。さらにタカオのダメっぷりを見せられるこっちは堪りません。ヤッさんの引き立て役だとわかっていても、何度本を閉じようと思ったことか。

しかし、豊洲移転をまえに混乱する築地がテーマになっているので、物語の行く末が知りたくて最後まで読みました。なるほど、これも「門出」にちがいありません。

これでシリーズ完結かな? わたしはどちらかというと「佳代のキッチン」シリーズのほうが好きです。現在2巻だから、ぜひ続編を!

お勧め度:★★★☆☆

2016年2月29日 (月)

握る男 (原宏一)

握る男 (角川文庫) 握る男 』は食の世界の経済小説。『佳代のキッチン 』と同じ作者の作品ということで手にとってみました。握るのは鮨。だけでなく、ここではとても書けない、もっとすごいものを握る話です。

主人公は徳武光一郎。16歳の彼が両国の「つかさ鮨」に弟子入りしてから「食」の世界で成り上がっていく四半世紀の様子を、相棒の金森が語ります。ページ数のわりに文字が多くて読み疲れました。

目的に向かって邁進するのは結構ですけど「えげつないこと考えるなぁ」というのが実感。フィクションとはいえ「そんなに都合よくいくわけないだろ」とツッコミながら、結局「出る杭は打たれる」。

冒頭、いきなり刑務所から始まったのにはびっくり。なんだ、なんだ、一体なにがどうなったんだ? ということで読者の興味を引いて、というのは上手い。きっと「つかさ鮨」も旨いのでしょうね。

お勧め度:★★★☆☆

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ