« 新章 神様のカルテ (夏川草介) | トップページ | 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) »

2019年6月 6日 (木)

ありふれたチョコレート2 (秋河滝美)

ありふれたチョコレート〈2〉 (アルファポリス文庫)
ありふれたチョコレート2 』は続編であり完結編です。元上司である瀬田と結婚し、SICで働くため、ニューヨークにやってきた茅乃ですが、まず英語の壁に阻まれます。瀬田係としてだけでなく、いろいろ仕事を任される茅乃は、日本でお気に入りだったチョコレートを、なんとかしてアメリカでも手頃な価格で手に入るようにしたいと奮闘します。

恋愛小説というよりはビジネス小説。ラノベとしては珍しい筋立てですね。楽しませていただきました。

お勧め度:★★★☆☆

« 新章 神様のカルテ (夏川草介) | トップページ | 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新章 神様のカルテ (夏川草介) | トップページ | 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) »