« 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) | トップページ | 任侠浴場 (今野敏) »

2019年6月19日 (水)

スガリさんの感想文はいつだって斜め上 (平田駒)

スガリさんの感想文はいつだって斜め上
スガリさんの感想文はいつだって斜め上 』は書店で見かけて思わず買ってしまった一冊。

1. 夏目漱石『こころ』
2. 新美南吉『手袋を買いに』

茅野から名古屋に転校してきた文学少女・須賀田綴。クラスメイトに分けてあげようと持って来たスガリを出した途端、教室は阿鼻叫喚の坩堝に。スガリとは蜂の子。名古屋の女子高生にとっては「虫」。それ以来、彼女のニックネームは「スガリ」になったのです。

スガリさんは、私立鶴羽学園の男性家庭科教員・直山杏介を顧問に、読書感想部を立ち上げ、ユニークな読書感想文を杏介に読ませようとしてきます。これがなかなか面白い。

一方、名古屋の覚王山にある「揚輝荘」の1階にあるカフェでアルバイトしているスガリさん。ここは実在していて、私も行ったことがあるので親近感を覚えます。

直山先生の出番を減らしてでも、スガリさんをもっと前面に出してほしい! 続編に期待してます。

お勧め度:★★★★★

« 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) | トップページ | 任侠浴場 (今野敏) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鹿の王 水底の橋 (上橋菜穂子) | トップページ | 任侠浴場 (今野敏) »