« ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | うつくしい繭 (櫻木みわ) »

2019年5月13日 (月)

さくさくかるめいら 居酒屋ぜんや 4 (坂井希久子)

さくさくかるめいら 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)
さくさくかるめいら 』は「居酒屋ぜんや」シリーズ第4弾。

1. 薮入り
2. 朧月
3. 砂抜き
4. 雛の宴
5. 鰹酔い

結局読むことにしました。鶯に関わる部分は飛ばし読みだけど。只次郎が手習いを教えているお栄はかわいい。幼くてもしっかりしているところは「のんのんびより」のれんげを思い出します。れんげはちょっと変わり者だけど天才肌。

さて、お妙のまわりで人が何人も死んでいます。表面上、不審死はないのですが、これは偶然なのか必然なのか。それは必然でしょう。結末が気になります。

お勧め度:★★★☆☆

« ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | うつくしい繭 (櫻木みわ) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | うつくしい繭 (櫻木みわ) »