« 2018年10月 | トップページ

2018年11月

2018年11月13日 (火)

月影の舞―立場茶屋おりき4 (今井絵美子)

月影の舞―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

月影の舞 』は「立場茶屋おりき」シリーズ第4弾。

連作が続くほど、物語が折り重なって厚みが出て来ます。意外なところで過去の伏線が回収されて吃驚することも。独特の江戸語?にも慣れました。

1. 雨安居
2. 月影の舞
3. 秋の夕
4. 散紅葉
5. 風花

困っている人間は助け、職を与え、あまつさえ寝食にも困らないよう気を遣う。とっても男前なおりきです。また、そこに惚れ込んだ人たちが、おりきのピンチにはすかさず援助を申し出る。現代が失った「情」が生きている。そこがこの小説の魅力です。

お勧め度:★★★☆☆

2018年11月 8日 (木)

秋の蝶―立場茶屋おりき 3 (今井絵美子)

秋の蝶―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

秋の蝶 』はシリーズ第3弾。

1巻を読んだときはピンと来なかったのですが、2巻以後、いろんな出来事がつながっていくので面白くなってきました。江戸の昔は、貧しくて死んだり、いきなり殺されたり、女衒に売り飛ばされたり、現代では考えられない悲劇が珍しくなく、それはおりきの周辺でも起こります。

売り飛ばされた三吉をようやく見つけ出し、おりきは立場茶屋に連れ戻し、妹おきちや茶屋の人々に支えられ、三吉がすこしずつ立ち直っていく様子には救われる思いがします。

1. 秋の蝶
2. 星月夜
3. 福寿草
4. 雛の燭
5. 海を渡る風

それにしても、おりきはよくできた人です。他人がちょっと気に入らないからといって毛嫌いせず、ましてやお客であれば誰であれ、常と変わらず真心を込めて接待します。だからこそ、人気の立場茶屋であり続けるのでしょう。

お勧め度:★★★★☆

2018年11月 5日 (月)

本のエンドロール (安藤祐介)

本のエンドロール

本のエンドロール 』 は、本を印刷、製本する過程を紹介する本だと思っていたら、小説だったんですね。印刷会社の営業担当・浦本学が主人公の、お仕事小説です。

1. スロウスタート
2. 長篠の風
3. ペーパーバック・ライター
4. サイバー・ドラッグ
5. 本の宝箱

しかし、この主人公が、あえてそういうキャラにしてあるのは理解できるのですが、仕事ができない上に、とんでもないお人好しなのです。自分の力でなんとかしようとするのは立派ですが、自分で責任を持てないなら上司や先輩を巻き込むべきです。それなのに取引先と勝手に盛り上がって事後承諾になるから上司はたまりません。それでも許されるのですから、この印刷会社は「夢のような職場」です。

わたしにとっては非常にストレスの溜まる一冊でしたが、電子書籍の台頭と、ほんとうに印刷業界は斜陽産業なのかについては興味がありました。電子書籍の普及は価格がネックだと思います。AmazonのKindle本を見る限り、紙の本より若干安いだけ。印刷も流通も不要なのだから、もっと安くできるのにしない。安くすると紙の本が売れなくなるから出版社も安くしない。1,500円の新刊単行本を買って、古本として700円で売れれば、実質800円で読めたことになります。一方の電子書籍は再販できないので、明らかに値付けが高すぎます。価格が納得できないものは買いません。

また、作中でも触れてありましたが、わたしは紙の本で育ったので、紙に馴染んでいますし愛着があります。でも、幼い頃からタブレットで本を読む世代が育てば、また変わってくるのでしょう。22世紀には、印刷は過去の技術になっているかもしれません。

お勧め度:★★★☆☆

2018年11月 2日 (金)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (白川紺子)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ 』は、シリーズ第2弾。

1. ペルセフォネと秘密の花園
2. 杜若少年の逃亡
3. 亡き乙女のためのパヴァーヌ
4. 回転木馬とレモンパイ

2話で「杜若」と出たときに「ひょっとしたら」と能を連想し「井筒」と続いて確信しました。能が絡んでくるのがうれしい。京都、アンティーク着物、能、おいしい食べ物。着物のことは詳しくありませんが、わたしが好きな要素が詰まっていて、読んでいて楽しい。

主人公たちが通うのは同志社だな、とか、東寺の弘法市で、小柄な鹿乃が迷子になるのも無理はないとか、風景が眼に浮かぶのも楽しいのです。

今作では、4話がいちばん面白かった。不可思議度ナンバー1です。野々宮家の鹿乃と良鷹はさしづめ、古い着物についた物の怪を調伏する陰陽師のようです。

お勧め度:★★★☆☆
    

« 2018年10月 | トップページ