« 秋の蝶―立場茶屋おりき 3 (今井絵美子) | トップページ | 科学のミカタ (元村有希子) »

2018年11月13日 (火)

月影の舞―立場茶屋おりき4 (今井絵美子)

月影の舞―立場茶屋おりき (時代小説文庫)

月影の舞 』は「立場茶屋おりき」シリーズ第4弾。

連作が続くほど、物語が折り重なって厚みが出て来ます。意外なところで過去の伏線が回収されて吃驚することも。独特の江戸語?にも慣れました。

1. 雨安居
2. 月影の舞
3. 秋の夕
4. 散紅葉
5. 風花

困っている人間は助け、職を与え、あまつさえ寝食にも困らないよう気を遣う。とっても男前なおりきです。また、そこに惚れ込んだ人たちが、おりきのピンチにはすかさず援助を申し出る。現代が失った「情」が生きている。そこがこの小説の魅力です。

お勧め度:★★★☆☆

« 秋の蝶―立場茶屋おりき 3 (今井絵美子) | トップページ | 科学のミカタ (元村有希子) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/74452159

この記事へのトラックバック一覧です: 月影の舞―立場茶屋おりき4 (今井絵美子):

« 秋の蝶―立場茶屋おりき 3 (今井絵美子) | トップページ | 科学のミカタ (元村有希子) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ