« 踊れぬ天使 佳代のキッチン (原宏一) | トップページ | 下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (白川紺子) »

2018年10月30日 (火)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 (集英社オレンジ文庫)

下鴨アンティーク アリスと紫式部 』 は、旧華族である野々宮家の娘・鹿乃が主人公。彼女は祖母から受け継いだ着物を愛用しているのですが、その着物は次々と不思議なことが起こります。

ずぼらなイケメン兄・良鷹と、大学准教授の下宿人・慧と3人暮らし。鹿乃は小学生の頃から慧を知っていて現在高校3年。京都を舞台に、ありえない不思議とほのかな恋物語を紡ぎます。

1. アリスと紫式部
2. 牡丹と薔薇のソネット
3. 星月夜

京都を舞台にした小説が好き。「あ、これは出町ふたばだな」「岡崎で能を見るなら京都観世会館だろうな」とか。演目は「熊野」と「石橋」かぁ。知っている場所が出てくるとうれしい。気軽に読めるので気に入ったのですが、外で読むには少女チックな表紙がちょっと恥ずかしい。

お勧め度:★★★☆☆

« 踊れぬ天使 佳代のキッチン (原宏一) | トップページ | 下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (白川紺子) »

ライトノベル」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/74252149

この記事へのトラックバック一覧です: 下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子):

« 踊れぬ天使 佳代のキッチン (原宏一) | トップページ | 下鴨アンティーク 回転木馬とレモンパイ (白川紺子) »