« 雪の断章 (佐々木丸美) | トップページ | 下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子) »

2018年10月26日 (金)

踊れぬ天使 佳代のキッチン (原宏一)

踊れぬ天使 佳代のキッチン
踊れぬ天使 』は「佳代のキッチン」シリーズ第3弾。

おいしいものと旅の風景を両方味わうことができるので、このシリーズは大好きです。今回は韓国から始まるから驚いのですが、釜山で「移動調理屋」をするわけではなく、観光旅行でした。

1. おみちょの涙
2. チャバラの男
3. ロングライド・ラブ
4. 踊れぬ天使
5. モンクス・ドリーム
6. カフカの娘

1話の「おみちょ」は金沢の近江町市場のこと。行きました。寒い時期だったのでカニだらけでした。高くて手が出なかったけれど。2話は藤枝市の茶畑が舞台。3話は佐渡島の自転車イベント、ロングライド。4話は群馬県大泉町のブラジル人との交流。5話は山形市でジャズピアノを聴きます。6話はついに稚内へ。しかも礼文島にも渡っちゃいます。いいなぁ、羨ましい。ぼくも稚内に行きたい!

ブラジル料理は想像できませんでしたが、あとは美味しそう。今後も期待しています。

お勧め度:★★★★★

« 雪の断章 (佐々木丸美) | トップページ | 下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/74380195

この記事へのトラックバック一覧です: 踊れぬ天使 佳代のキッチン (原宏一):

« 雪の断章 (佐々木丸美) | トップページ | 下鴨アンティーク アリスと紫式部 (白川紺子) »