« サラバ! (西加奈子) | トップページ | 師弟の祈り 僕僕先生: 旅路の果てに (仁木英之) »

2018年9月25日 (火)

姫町能の「道成寺」を観てきました

おおきな釣鐘が登場する「道成寺」は一度観てみたいと思っていたのです。

しかし、いちばん安いB席の前売りが1万円はちょっと高い。さらに、わたしが好きな笛の藤田六郎兵衛さんが6月に他界され、ショックで気が抜けてしまいました。わたしを能に引き込んだのは、あの笛の音だったのです。

Hime1

しかし、二日前になって「せっかくのチャンスだから」と思い直し、ネットからチケットを予約。当日、前売料金で入ることができました。姫町財団設立記念公演が、藤田六郎兵衛さん追悼公演になってしまいました。あぁ、あの笛が二度と聴けないなんて返す返すも残念です。一方「道成寺」の小鼓は、人間国宝の大倉源次郎さん。『大倉源次郎の能楽談義』を読んで以来、聴きたかったので楽しみです。一流の能楽師、囃子方を間近で見ることができるのも能の魅力です。

午後1時半開演かと思いきや、まず解説が入ります。これが長くて、能「千手」が始まったのは1時55分。5時半終了予定は大丈夫なのか。それと名古屋能楽堂定例公演では無料のイヤホンガイドが有料でした。(1000円払って借りて、返却時に500円バック)

Hime2

「千手」は、一ノ谷の合戦で敗れた平重衡が鎌倉に護送され、せめてもの慰めにと酒宴がもようされ、そこへ遣わされた千手の前と重衡の心の交流を描きます。

意外に長かったからか休憩が入ります。その後、狂言「萩大名」。愚鈍な大名は31文字の短歌すら覚えることができず、太郎冠者(召使い)が必死にフォローするのですが...。狂言は(能とちがって)なにを言っているのかわかるし笑えるので、深刻なストーリーの能の合間には気分転換にもなります。

その後の仕舞2本は退屈。次の舞囃子「安宅」に登場した囃子方を見て「あ、大倉源次郎さんだ!」。背が高いなぁ。わたしはシテ方より囃子方が気になるので仕方ありません。堪忍してください。大倉源次郎さんの右手が柳の枝みたいに動いています。双眼鏡で見ると指がすごく長い。それがパラパラと自在に動いて、指の腹や先を巧みにつかって鼓を打ちます。なんかすごい!

「道成寺」では、まず狂言方が作り物の鐘に太い竹を通して4人で運んできます。高さが170cmほどあるので竹を頭上に掲げなければならず辛そう。舞台中央に置くと、今度は天辺に結んであるロープをほどいて、天井の輪っかに通します。天井まで5mはあるだろう輪っかにどうやって通すのか。「まさか梯子を立てるわけにもいかないだろうし」と思っていたら、長い竹竿が2本持ち込まれました。作法があるのか、持って回った手順を踏んで一方の竿の先にロープの先端を挟んで、ひとりがそれを輪っかに通したところをもうひとりが先端を掴んで引きおろします。ここで思わず拍手が湧きます。(笑)

そのロープをシテ方が5人がかりで引っ張って鐘を引き上げます。以前「バックステージツアー」で骨組みだけの鐘を見ましたが、その状態で60kgはあるとのこと。つまり、いまは70kg以上? 「動滑車を使えば半分の力で上がるのに」って、そういう問題ではありませんね。

圧巻は、白拍子に化けた大蛇が道成寺の新しい釣鐘の法要に潜り込んで舞を舞うシーン。大鼓につづいて、小鼓がシテ方のほうに向きなおり「一騎打ち」を繰り広げます。ふだんは涼しい顔で鼓を打っている大倉源次郎さんの表情がおおきく動きます。「あぁ、小鼓が見えないから白拍子さん、ちょっと移動してくれないかな」。舞うといいつつ、ほとんど動かないから、能を見ながら寝てしまう人がいるのも無理ありません。寝不足は能鑑賞の敵です。

「鐘入りは危険で、間違えると大怪我をする」と聞いていたので、鐘が落ちる瞬間に飛び込むのかと思ったら、上のパンフレットの写真のように、シテがちゃんと鐘の下に入ってから、ゆっくり鐘を下ろし、あと数十センチのところでドンっと落とすので危険はありません。鐘の下端にはクッションが入っているので軟着陸。それを舞台では「雷が落ちたのか!?」と大騒ぎ。

鐘のなかで衣装替えをするようですが、間狂言が終わったのが25分後。鐘の中は暑くないのかな。舞台の照明は結構熱いのです。

ともあれ、たいへん見ごたえのある曲でした。ありがとうございました。

ちなみに、すべて終わったのは午後6時15分でした。

追記:名古屋能楽堂へ足を運んだときには、ロビーで能などのチラシを探します。面白そうで、開催日時が都合のよいものを探すと、ネットよりもヒット率が高い。そこで見つけたのが、10月5日に名古屋芸術創造センターで行われる文楽(夜の部)「義経千本桜」道行初音旅と「新版歌祭文」野崎村の段。気づくのが遅かったけれど、名古屋能楽堂の事務室で調べてもらったら、まだいくらか席が残っていたのでチケットを買って帰りました。久しぶりの文楽なので楽しみです!

« サラバ! (西加奈子) | トップページ | 師弟の祈り 僕僕先生: 旅路の果てに (仁木英之) »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/74265489

この記事へのトラックバック一覧です: 姫町能の「道成寺」を観てきました:

« サラバ! (西加奈子) | トップページ | 師弟の祈り 僕僕先生: 旅路の果てに (仁木英之) »