« フォー・ディア・ライフ (柴田よしき) | トップページ | プラネタリウムの外側 (早瀬耕) »

2018年9月10日 (月)

下町ロケット ゴースト(池井戸潤)

下町ロケット ゴースト

下町ロケット ゴースト 』は、シリーズ第3弾。

ロケットエンジンのバルブ、人工心臓の弁、そして今回は(耕運機の)トランスミッションのバルブ。なのですが、ピンチに陥るのは佃製作所ではなく、創業5年のベンチャー企業「ギアゴースト」。縁あって佃はギアゴーストに手を差し伸べることになるのですが...。

冒頭、佃製作所では耕運機のエンジンの改良が進み、納入先に採用を打診するのですが、これがピンと来ません。自家用車であればともかく、5%の燃費改善と言われてもピントがずれているような気がします。佃社長らしくない。

たしかに池井戸潤ではあるのですが、どうもキレがありません。これでは「下町ロケット」が墜落してしまいそう。

後編「ヤタガラス」に期待しています。

お勧め度:★★★☆☆

« フォー・ディア・ライフ (柴田よしき) | トップページ | プラネタリウムの外側 (早瀬耕) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/74175951

この記事へのトラックバック一覧です: 下町ロケット ゴースト(池井戸潤):

« フォー・ディア・ライフ (柴田よしき) | トップページ | プラネタリウムの外側 (早瀬耕) »