« 2018年7月 | トップページ

2018年8月

2018年8月21日 (火)

キラキラ共和国 (小川糸)

キラキラ共和国
キラキラ共和国 』 は『ツバキ文具店 』の続編です。鎌倉にある代書屋さんの鳩子さんが主人公。前作が好きだったので、続編も読みたい。

でも、図書館では300人が予約待ちしてて半年以上待たないといけません。予約できるのは6冊までなので、優先順位があって『キラキラ共和国 』はどうしても後回しになってしまう。

嵩張らず、外へ持ち出しやすい文庫本ならば買ってもいいのだけれど、単行本は嵩張るし、高い。読み終えた本が溜まってきたのでブックオフに持っていくと『キラキラ共和国 』があって「本が全品20%オフ!」とあったので思わず買ってしまいました。

・ヨモギ団子
・イタリアンジェラート
・むかごご飯
・蕗味噌

やっぱりいいなぁ。ほっこり、あったかい。おいしいものが出てくるのもいい。QPちゃんも可愛い!

ツバキ文具店の鎌倉案内 』も気になります。

お勧め度:★★★★★

2018年8月16日 (木)

泥濘 疫病神シリーズ (黒川博之)

泥濘 疫病神シリーズ

泥濘 』は「疫病神シリーズ」第7弾。

半堅気の二宮啓之は、またぞろ二蝶会のイケイケやくざ桑原保彦に巻き込まれてひどい目にあいます。毎度毎度懲りん奴や。あほらしなって一度本を閉じました。

二宮いわく、後悔も反省もじきに忘れて、喜怒哀楽が長続きしないらしいが、それだけじゃないだろう。桑原が他人から巻き上げた金でも、花札で買った金でも、二宮にとっては「稼ぎ」なのだ。この発想がおかしい。「変人」なのだから仕方ないか。

従妹の渡辺悠紀いわく「啓ちゃんはどこまで行っても桑原とは縁が切れへんねん。口では毛嫌いしているくせに、誘われたらのこのこついて行く。あげくに頭縫って足を捻挫して、傷が癒えたころにはひどいめにあったことをころっと忘れてる。ほんまにね、こんなに能天気でズボラな人間がほかにいるやろか。つくづく感心するわ」。

結局、ふたりとも相手を疫病神だと罵りつつ、いつもつるんでる。こういうのを世の中では「悪友」と呼びますね。別名「裏稼業凸凹コンビ」。

このシリーズは「水戸黄門」極道編。舞台は変われどパターンが決まってる。しかしリアリティがあるから、こんな連中が大阪を跳梁跋扈していると思うと空恐ろしい。

「疫病神、凶弾に倒れる」と帯に大書してあるけれど(残念ながら)主人公は死にません。しばらく病院でおとなしくしていればよろしい!

お勧め度:★★★☆☆

2018年8月11日 (土)

活版印刷 三日月堂 雲の日記帳 (ほしおさなえ)

活版印刷三日月堂 雲の日記帳 (ポプラ文庫)
活版印刷三日月堂 雲の日記帳』はシリーズ第4弾。読後「ずいぶん性急な展開だなー」と思ったら、これが完結編だとか。

1. 星をつなぐ線
2. 街の木の地図
3. 雲の日記帳
4. 三日月堂の夢

残念ながら、帯にあるように「号泣せずにいられない」ということはありませんでしたが、シリーズを通して、人と人のつながりで活版印刷が密かに広がっていく様子が面白かった。

おなじ川越を舞台にした新刊『菓子屋横丁月光荘 歌う家 』が楽しみです。

お勧め度:★★★★★

2018年8月 5日 (日)

天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow? (森博嗣)

天空の矢はどこへ? Where is the Sky Arrow? (講談社タイガ)

天空の矢はどこへ? 』は「Wシリーズ」第9弾。

ストーリーには新鮮味を感じなくなっているのに、どうして続巻が読みたくなるのかわかりました。ひとつは、クローンや人工知能など、現代の先にある未来を覗き見ることができることと、人間と人工知能との間にあるはずのない機微(ユーモアなど)が微妙に描かれていること。それが面白いのです。

今回は、人工知能の「脱走」が愉快でした。ネットを自在に移動する人口知能プログラム「トランスファ」に相通じる発想。しかし、単体として「生存する」ためには電源が不可欠。さて、どうするのか!?

理由の如何を問わず、メインコンピュータ(人工知能)が反乱を起こしたら、その管理する社会は崩壊しますね。将来「21世紀前半、人工知能の実用化が開始された」と歴史に記されるのでしょう。自制的かつ賢明なる発展を望みます。

お勧め度:★★★☆☆

« 2018年7月 | トップページ