« 猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (鳴神響一) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.5 〜 5惑星最速?攻略 »

2018年7月21日 (土)

能舞台の赤光 多田文治郎推理帖 (鳴神響一)

能舞台の赤光 多田文治郎推理帖 (幻冬舎文庫)

能舞台の赤光 』は「多田文治郎推理帖」シリーズ第2弾。タイトルどおり、能の上演中に殺人事件が起きたということで興味を持ちました。

最初に「主要登場人物」と能舞台の見取図が載っているのが便利。鏡の間の裏手に楽屋があることは名古屋能楽堂のバックステージツアーに参加したので知っているのです。シテとかワキ、ツレと聞いても能を知らないとピンと来ませんが、能楽初心者が読む限り、能に関する記述に違和感はありません。逆にいえば、わたしが理解できるわけですから、さほど深い内容ではないともいえるでしょう。(苦笑)

五番立ての祝儀能ということで「翁三番叟」から始まり「田村」「楊貴妃」「張良」そして最後が「酒瓶猩々」で、五人の猩々が舞台で舞うものです。このあと、どんな事件が起きるのか知らないけれど「全員が面を着けているから、人が入れ替わってもわからないなー」。

作者は能をご存知のようで安心して読むことができましたが「酒瓶猩々」以外の演目のことも書いて欲しかった。でも、そうすると能に興味がない読者はつらくなる、か。仕方ありません。江戸時代、能は武家のものなので、次は町人文化の人形浄瑠璃を舞台にするのはいかがでしょう?

主人公の多田文治郎は目付けでも目明しでもなく、趣味(物好き?)で謎解きに首を突っ込むタイプ。手柄を立てないといけないわけでもなく気楽なもの。その点、内田康夫の「浅見光彦」に似ています。探偵役が軽いと、残酷な事件も必要以上に深刻にならずに済むので、わたしもすこしは抵抗が減って助かります。

お勧め度:★★★★☆

« 猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (鳴神響一) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.5 〜 5惑星最速?攻略 »

時代小説」カテゴリの記事

能楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73879353

この記事へのトラックバック一覧です: 能舞台の赤光 多田文治郎推理帖 (鳴神響一):

« 猿島六人殺し 多田文治郎推理帖 (鳴神響一) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.5 〜 5惑星最速?攻略 »