« 遺譜 浅見光彦 最後の事件 (内田康夫) | トップページ | トッカン 徴収ロワイヤル (高殿円) »

2018年6月 7日 (木)

海の見える理髪店 (萩原浩)

海の見える理髪店
海の見える理髪店 』 は直木賞をとった短編集。

1. 海の見える理髪店
2. いつか来た道
3. 遠くから来た手紙
4. 空は今日もスカイ
5. 時のない時計
6. 成人式

表題作は「よくしゃべるおやじだなぁ」と思っていたら、それがそのまま小説のストーリーになってる。淡々としていて、重い。

他の短編も、生活感が濃く漂っていて、読んでいて憂鬱になってきます。残念ながら、わたしの好みではありませんでした。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 遺譜 浅見光彦 最後の事件 (内田康夫) | トップページ | トッカン 徴収ロワイヤル (高殿円) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73527500

この記事へのトラックバック一覧です: 海の見える理髪店 (萩原浩):

« 遺譜 浅見光彦 最後の事件 (内田康夫) | トップページ | トッカン 徴収ロワイヤル (高殿円) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ