« 血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (森博嗣) | トップページ | 土漠の花 (月村了衛) »

2018年6月30日 (土)

グリフォンズ・ガーデン (早瀬耕)

グリフォンズ・ガーデン (ハヤカワ文庫JA)
グリフォンズ・ガーデン』は『プラネタリウムの外側 』の前日譚ということなので、こちらを先に読んでみました。

主人公は東京の大学院を出ると、札幌にある知能工学研究施設、通称「グリフォンズ・ガーデン」に就職したのです。しかも、由美子という恋人と共に。

物語は PRIMARY WORLD と DUAL WORLD が交互にあって、後者の世界での恋人は佳奈といいます。登場する女性はいずれも素敵で理想的。つまり、恋愛小説でもあるわけです。

合わせ鏡に映る鏡像を「無限」だという彼女に対して、主人公は「光はいつか消滅するから無限ではない」と主張し、さらに二人の会話が続くのがすごいところ。正しいかどうかは別として、彼らの会話はなかなか興味深い。それが本作の魅力でもあります。

さて、PRIMARY WORLD の主人公は、大学のバイオコンピュータ IDA-10 の中に「世界」を構築してみることにしたのですが、一体なにが起こるのか!?

あとがきを読んでびっくり。これはそもそも大学の卒論だったというのです。それが1992年に本になって、2018年に『プラネタリウムの外側 』が発表された。その間、2014年に『未必のマクベス 』という作品があります。いずれ読んでみたいと思います。

お勧め度:★★★★☆

« 血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (森博嗣) | トップページ | 土漠の花 (月村了衛) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73739643

この記事へのトラックバック一覧です: グリフォンズ・ガーデン (早瀬耕):

« 血か、死か、無か? Is It Blood, Death or Null? (森博嗣) | トップページ | 土漠の花 (月村了衛) »