« ふんわり穴子天 居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | 正義のセ 2 史上最低の三十歳! »

2018年5月 6日 (日)

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (阿川佐和子)

正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (角川文庫)
正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! 』 は、女性検事のお仕事小説。冒頭、豆腐屋の日常から始まるから何事かと思ったら、主人公の凛々子は豆腐屋の娘だったのです。

女性が主人公のお仕事小説というと「トッカン」シリーズを思い出します。そういえば最新刊『トッカン 徴収ロワイヤル 』も読まねば。

正義って、言葉でいうほどかっこいいものじゃないと思う。とくに検事は最後は個人の判断に依るわけで、正義にこだわればこだわるほど泥沼化しそう。「頭の固い」凛々子が、今後、清濁併せ吞むことができるようになるかどうか、拝見させていただきたいと思います。

お勧め度:★★★★☆

余談ですが、伊藤英樹検事総長の『秋霜烈日―検事総長の回想 』は今もつよく印象に残っています。

« ふんわり穴子天 居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | 正義のセ 2 史上最低の三十歳! »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73311251

この記事へのトラックバック一覧です: 正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (阿川佐和子):

« ふんわり穴子天 居酒屋ぜんや (坂井希久子) | トップページ | 正義のセ 2 史上最低の三十歳! »