« 棲月 隠蔽捜査 7 (今野敏) | トップページ | 名古屋能楽堂 2018年5月定例公演鑑賞記(能:田村、大江山 狂言:朝比奈) »

2018年5月20日 (日)

駒姫 三条河原異聞 (武内涼)

駒姫: 三条河原異聞
駒姫: 三条河原異聞 』は日経新聞の書評欄で見かけて以来気になっていたので読んでみたのですが、読まなければよかった。久々の「後悔の一冊」です。

最上家の駒姫が関白秀次の側室となるため聚楽第に入った直後、秀次は謀反の罪で切腹させられます。すべては秀吉が実子を世継ぎに据えたいが故の横暴。そもそも秀吉は嫌いだし、天下人の器でもない。

最後に救いがあることを期待して読んだのですが、なにが「異聞」なのでしょう。とにかく後味が悪すぎます。残念ながらおすすめできません。

読み始めたものの、つまらないから途中で投げ出した本は紹介できません。面白いと思えなかった本も紹介しないほうがよいと思うのですが、このブログは自分の読書記録でもあるため、仮にも最後まで読んだ本は掲載させていただきます。どうかご容赦ください。

« 棲月 隠蔽捜査 7 (今野敏) | トップページ | 名古屋能楽堂 2018年5月定例公演鑑賞記(能:田村、大江山 狂言:朝比奈) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73437864

この記事へのトラックバック一覧です: 駒姫 三条河原異聞 (武内涼):

« 棲月 隠蔽捜査 7 (今野敏) | トップページ | 名古屋能楽堂 2018年5月定例公演鑑賞記(能:田村、大江山 狂言:朝比奈) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ