« 正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (阿川佐和子) | トップページ | 正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! (阿川佐和子) »

2018年5月 9日 (水)

正義のセ 2 史上最低の三十歳!

正義のセ 2 史上最低の三十歳! (角川文庫)
正義のセ 2 』はシリーズ第2弾。殺人もイヤだけど「女性を狙った凶悪事件」も読みたくなかった。しかし、検事が主人公の小説ではそうもいかないか。

田園発 港行き自転車 』でも思ったけれど、みんな口が軽すぎる。ましてや検事が事件のことを家族にもぺらぺらと。検事ってそんなものなんですか?

口の軽いのがいないと話が転がらないという事情もあるのでしょうけれど、それをやったらどんどんリアリティがなくなって、小説は単なる絵空事になります。

同棲中のふたりがマンションの近くまで帰ってきたところで、男が「コンビニに寄っていくから先に帰ってて。玄関の鍵は開けておいてね」。女ひとりなのに玄関の鍵をかけないなんてありえません。男も鍵を持っているはずなのに、納得できません。(最近コレが多いですね)

さて、検事失格の凜々子がどうやってリベンジするのか。次巻につづくそうです。

お勧め度:★★☆☆☆

« 正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (阿川佐和子) | トップページ | 正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! (阿川佐和子) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73368414

この記事へのトラックバック一覧です: 正義のセ 2 史上最低の三十歳! :

« 正義のセ ユウズウキカンチンで何が悪い! (阿川佐和子) | トップページ | 正義のセ 3 名誉挽回の大勝負! (阿川佐和子) »