« パーマネント神喜劇 (万城目学) | トップページ | 鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 4 (今村翔吾) »

2018年4月18日 (水)

さくら舞う―立場茶屋おりき (今井絵美子)

さくら舞う―立場茶屋おりき (角川春樹事務所 (時代小説文庫))
さくら舞う―立場茶屋おりき 』 はシリーズ第1弾。時代小説というと戦国時代であれ江戸時代であれ、人が傷つけられ、殺される場面が多くて閉口します。だから「人が死なない時代小説」を常々探しています。『御宿かわせみ』は好きだったなぁ。

そこで今回、品川宿門前町にある立場茶屋を舞台にした女主人おりきの物語はどうかと手にとってみたのです。

・さくら舞う
・涙橋
・明日くる客
・秋の別
・侘助

「じりじり舞い」「おぼおぼしい笑い」「火面を張って」「朝餉膳は山留」「降りみ降らずみだった空が」「喜撰の苑香」といった、凝った言葉が使われていて「そういう言い方もあったのか」と勉強になります。そういう意味では独自の世界観があります。

おいしい料理が出てくる人情物なのですが、主人公のおりきがちょっとカタイかな。もうすこし肩の力を抜いたほうがいいし、恋をしたほうがいい。そうすればもっと魅力的な小説になるような気がします。

お勧め度:★★★☆☆

« パーマネント神喜劇 (万城目学) | トップページ | 鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 4 (今村翔吾) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73149142

この記事へのトラックバック一覧です: さくら舞う―立場茶屋おりき (今井絵美子):

« パーマネント神喜劇 (万城目学) | トップページ | 鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 4 (今村翔吾) »