« 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 雑感 | トップページ | パーマネント神喜劇 (万城目学) »

2018年4月11日 (水)

無限の書 (G・ウィロー・ウィルソン)

無限の書 (創元海外SF叢書)
無限の書』は、サイバーパンクとアラビアンナイトが融合したSFファンタジー小説。たしか日経夕刊の文化面でも紹介されてたと思います。23歳の反体制派ハッカー・アリフが、ネットとリアルと幽精(ジン)の世界を股にかけて悪戦苦闘するさまが面白いのです。

中東の専制国家で弾圧されてきたアリフは、アラビア人とインド人の混血のため、まっとうな職業にもつけず、ネットで抑圧された人々を守ってきました。上流階級の恋人が父親が決めた婚約者にもっていかれ、入れ替わりに渡された一冊の本がジンの言葉を綴った、本物の『千一日物語』だったので、これが騒動の始まりだったのです。果たして、その本は歴史的価値以上になにかあるのでしょうか?

ジンは人間に忘れられた都市に好んで住むらしく「最近はデトロイトが人気だ」とか、ジンといえば思い出すのが「アラジンと魔法のランプ」だったり、あちこちに散りばめられたユーモアが効いてます。アリフの言動にいらいらしていると、彼の幼馴染のダイナが「あんたは信念をもってるんじゃない。状況に流されてるだけよ」と一刀両断。スッとしました。

ジンが登場しなくても、本書はわたしにとって異世界小説。砂漠と宗教、金と強権に囲まれた国のありようは想像を超えていました。また、絶体絶命のピンチに陥ったアリフと仲間たちは一体どうなるのか。終盤は目が離せませんでした。

文句なしに面白い!
読み応えのあるエンタメ小説をお探しの方にお勧めします。

お勧め度:★★★★★

« 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 雑感 | トップページ | パーマネント神喜劇 (万城目学) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73129442

この記事へのトラックバック一覧です: 無限の書 (G・ウィロー・ウィルソン):

« 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 雑感 | トップページ | パーマネント神喜劇 (万城目学) »