« さくら舞う―立場茶屋おりき (今井絵美子) | トップページ | ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (坂井希久子) »

2018年4月21日 (土)

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 4 (今村翔吾)

鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 (祥伝社文庫)
鬼煙管 』は、 羽州ぼろ鳶組シリーズ第4弾。日経新聞夕刊の文化面でイチオシされていたので買ってみたのですが...。

1. 火車
2. 本所の銕
3. 湧く焔
4. 宵山
5. あの日の竜吐水
6. 京都怪炎
7. 隠れ鬼

なぜ長谷川平蔵(鬼平)が京都にいるのか。人の頭がいきなり燃え出すって「ガリレオかよ」。源吾と武蔵って過去になにがあったの?

事件の謎解きは奥深く、サプライズがあって面白かったけれど、やはり4巻から読んだのでは十分に楽しむことができません。1巻から読むことをお勧めします。

お勧め度:★★☆☆☆

« さくら舞う―立場茶屋おりき (今井絵美子) | トップページ | ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (坂井希久子) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73192743

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼煙管 羽州ぼろ鳶組 4 (今村翔吾):

« さくら舞う―立場茶屋おりき (今井絵美子) | トップページ | ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや (坂井希久子) »