« 銀河アドベンチャー Walkr 4.2 実験室日記 | トップページ | 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) »

2018年3月 5日 (月)

銀河アドベンチャー Walkr 4.4 宇宙船追加

待ってました! 新しい宇宙船が3機追加されました。

Img_1205

わたしが選んだのは「フラッシュ」。お値段は10,000キューブですが、エネルギー容量が10万になります。以前の「プローブ」は7万だったので3万アップ。ただ、飛んでいる様子は紙飛行機。ちょっとユーモラスです。

エネルギーは「エピック」だけでなく、いまは「実験室」でも毎日使うため、貴重な資源です。3万アップの恩恵は「司令室」でも受けることができます。

「司令室」では4名の副操縦士が50/30/20/20%の変換率でエネルギーを提供してくれます。容量7万だったときは35,000/21,000/14,000/14,000の計84,000でしたが、10万になると50,000/30,000/20,000/20,000の計12万を手に入れることができるのです。

わたしが宇宙船を選ぶ条件は、エネルギー容量が最大であること。久しぶりの宇宙船追加ですが、まさにこのときのために普段からキューブを貯めていたのです。今回10,000キューブかかりましたから、次回は15,000キューブも貯めておけば足りるでしょう。ゲームは計画的に!(笑)

前回の記事で「実験室」の「メンバー」一覧を眺めてから寄付するというお話をしましたが、もうひとつ重要なパラメーターを見つけました。各メンバーのinfoを開いて「平均エネルギー」を見ていくと、寄付してもらえるかどうかの参考になりそうなのです。

この平均値をどのように算出しているのかわかりませんが、5,000以下であれば、普段手持ちのエネルギーが少ないため、思うように寄付できない。10,000あればエピックを併行していても寄付は可能。20,000以上あれば常に2,500返すことができるようです。中には40,000以上ある人がいてビックリ。たしかに余裕で2,500返してくれます。

この「平均エネルギー」値は「メンバー」一覧の上位の人ほど多いかというと、そうとも限りません。手持ちは少なくても実験室に優先して寄付している人もいるのです。つまり、エネルギーの使い方は人それぞれ。

実験室でもエピックでもチャット機能は用意されていますが、全員に公開されているため、あまり突っ込んだ会話はできません。ですから、限られた情報から事情を推察して動く必要があるのです。それもまた「アドベンチャー」ですね!

« 銀河アドベンチャー Walkr 4.2 実験室日記 | トップページ | 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) »

iPhone」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73044926

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 宇宙船追加:

« 銀河アドベンチャー Walkr 4.2 実験室日記 | トップページ | 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ