« 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) | トップページ | 堆塵館 アイアマンガー三部作1(エドワード・ケアリー) »

2018年3月14日 (水)

怪物はささやく (パトリック・ネス)

怪物はささやく (創元推理文庫 F ネ 2-1)
怪物はささやく 』は、闘病中の母親と暮らす、13歳の少年コナーが主人公。ある夜、教会の墓地に立つイチイの木の怪物がコナーの部屋の外に現れ「おまえに3つの物語を話して聞かせる。わたしが語り終えたら、おまえが4つめの物語を話すのだ」。コナーはそれを夢だと断じ、怪物を恐れる気配もありません。一方、学校でコナーはいじめられていて…。

モノクロの挿絵が不気味で、雰囲気を盛り上げます。児童書といってもよいのではないでしょうか。怖いけれど深い。休日のスターバックスで一気読みしてしまいました。

最後は「え…そんな…」。

映画化されているので、そちらも見てみようと思います。

お勧め度:★★★★★

« 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) | トップページ | 堆塵館 アイアマンガー三部作1(エドワード・ケアリー) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72953675

この記事へのトラックバック一覧です: 怪物はささやく (パトリック・ネス):

« 宇宙に命はあるのか 人類が旅した一千億分の八 (小野雅裕) | トップページ | 堆塵館 アイアマンガー三部作1(エドワード・ケアリー) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ