« 穢れの町 アイアマンガー三部作2 | トップページ | あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 »

2018年3月26日 (月)

肺都 アイアマンガー三部作 3 (エドワード・ケアリー)

肺都(アイアマンガー三部作3) (アイアマンガー三部作 3)
肺都』はアイアマンガー三部作の完結編。LONDONではなくLUNGDONなので「肺都」と漢字を充てたようです。アイアマンガー一族は「ロンドン」ではなく「ランドン」と呼んで恨んでいます。それというのも、人が物に変わってしまう疫病(?)が拡がったため、ロンドンは、ヴィクトリア女王は穢れの町を住民ごと焼き払ったのです。命からがら逃げ出したアイアマンガーたちはハイドパーク近くの屋敷に潜伏するのですが...。

本書の紹介文に「物語はいかなる想像も凌駕する驚天動地の結末を迎える」とありますが「驚天動地」なのは読者ではなくロンドンです。アイアマンガーたちは新たな居場所を獲得するためにロンドンとの決戦に臨みます。

ロンドンの警察はアイアマンガーを逮捕するより射殺したいらしい。大混乱のなか、クロッドとルーシーはまたも離れ離れになり、読者はやきもきします。アイアマンガー一族の非道を止め、静かな暮らしを求めるクロッドを凶弾が襲います。

さて、一体どうなってしまうのでしょうか? あとは読んでのお楽しみ!

お勧め度:★★★★☆

« 穢れの町 アイアマンガー三部作2 | トップページ | あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/73072292

この記事へのトラックバック一覧です: 肺都 アイアマンガー三部作 3 (エドワード・ケアリー):

« 穢れの町 アイアマンガー三部作2 | トップページ | あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 »