« 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常 (二宮敦人) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 宇宙船追加 »

2018年2月28日 (水)

銀河アドベンチャー Walkr 4.2 実験室日記

2017年7月下旬に「実験室」が開設されて7ヶ月。メンバー間でエネルギーを寄付しあうことで惑星をアップグレードできるようになって救われました。だって、惑星が100個を超えると、レベルひとつアップグレードするのに5千万以上のコインと2週間以上の時間が必要になったりするのです。だから、従来のことを思えば、惑星のアップグレードもお手軽になりました。

住み慣れた実験室は居心地が良く、Give & Take でエネルギーを交換して、順調に惑星をアップグレードしていたのですが、ふと「ここに安住していて良いのだろうか」と疑問を感じ、別の実験室の空席に潜り込みました。

Img_1185

一度実験室を脱退すると、それまで寄付した記録は消えます。つまり、寄付額順に並ぶ「メンバー」一覧の最後尾からスタートです。毎日結構な距離を歩くため、エネルギーに不自由はしません。いざとなれば「司令室」の副操縦士たちがエネルギーを提供してくれます。

実験室に参加すると、まず「メンバー」一覧を眺めます。

誰がいくら寄付してくれたかがわかると同時に、エネルギーを寄付する余裕のある人が順番に並んでいます。その上位の人から順に500ずつ寄付していきます。そうして、40名のうち上半分、20名の反応を見ます。

相手がどんな人なのか、まったくわからないなりに、相性みたいなものを感じることってありませんか。そういうインスピレーションに従って、気になる人には1,000寄付したり、あれこれ試しているうちに2,500寄付してくれる人が出て来ます。

誰でも寄付してくれれば、同額をお返しします。これは礼儀です。それができない時もあるのはわかります。返せるときに返せばいいと思います。ただ「メンバー」ログをチェックしていると、まったく寄付していないのに惑星をアップグレードしている人がいます。何週間も家から一歩も出ないのでしょうか。これは理解できないので、わたしは寄付する気がない人には寄付しません。信用できないからです。

そう、ちょっと大げさにいえば、これも信頼関係なのです。「メンバー」上位の人なのに500しか寄付してもらえないのは、わたしに信用がないからです。実験室という環境を有効に活用するには、ひとりでも多くのメンバーに信用してもらい、できるだけ2,500ずつ寄付し合う関係を築くことです。そうすれば、レベル6から7へアップグレードするために必要な180,000エネルギーも3日以内で集まるはず。

「ランキング」を見ると、現在の最高スコアは1,909。JPではすでに16名が到達しています。そこまで行くと、当面はアップグレードする惑星がないわけですから、実験室に参加する意味もなくなります。次に新しい惑星が追加されるまでは、エピックでコインを稼いで宇宙船(Walkrのコア)のアップグレードして暮らすのでしょうか。

早くわたしも楽隠居したいものです。(笑)

« 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常 (二宮敦人) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 宇宙船追加 »

iPhone」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72996350

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河アドベンチャー Walkr 4.2 実験室日記:

« 最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常 (二宮敦人) | トップページ | 銀河アドベンチャー Walkr 4.4 宇宙船追加 »