« スローハイツの神様(上・下) (辻村深月) | トップページ | 風神雷神 風の章 (柳広司) »

2018年2月 6日 (火)

たったひとつの冴えたやりかた (ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア)

たったひとつの冴えたやりかた (ハヤカワ文庫SF)
たったひとつの冴えたやりかた 』は三浦しをんの『本屋さんで待ち合わせ 』で紹介されていたので読んでみました。

16歳の少女コーティは宇宙の冒険に出たくて仕方がありません。両親からプレゼントされた小型宇宙艇に思い切り燃料を積んで向かったのは辺境の基地。行方不明の宇宙船を探すうち、脳内にイーアというエイリアンが入り込んでしまって、さぁ、たいへん!

だと私は思うのですが、本人は意外に冷静。イーアに悪意も害意もないことがわかると、ともに探検に乗り出していくのですが...。

切ない物語でした。

お勧め度:★★★★☆

« スローハイツの神様(上・下) (辻村深月) | トップページ | 風神雷神 風の章 (柳広司) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72764740

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの冴えたやりかた (ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア):

« スローハイツの神様(上・下) (辻村深月) | トップページ | 風神雷神 風の章 (柳広司) »