« たったひとつの冴えたやりかた (ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア) | トップページ | 風神雷神 雷の章 (柳広司) »

2018年2月10日 (土)

風神雷神 風の章 (柳広司)

風神雷神 風の章
風神雷神 風の章 』は、建仁寺にある風神雷神図を描いた俵屋宗達(伊年)の物語。そもそも扇屋の絵師だったとは知りませんでした。

冒頭「醍醐の花見」の場面では、醍醐寺の桜と、上醍醐への参道の険しさを思い出し、かぶきおどりの阿国一座は、有吉佐和子の『出雲の阿国』を思い出しました。幼馴染の角倉与一が嵯峨野で印刷出版事業を始め、そこに本阿弥光悦が加わって、伊年は扇屋を超えた絵師としての才能を開花させていきます。

とにかく読みやすい。現代小説作家が手がけた時代小説はそういう傾向があるようです。時代小説、歴史小説は読みづらいと敬遠していた方にもお勧めします。ただ「コラボレーション」を連発されると違和感が募るのでほどほどに。

お勧め度:★★★★★

« たったひとつの冴えたやりかた (ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア) | トップページ | 風神雷神 雷の章 (柳広司) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72764788

この記事へのトラックバック一覧です: 風神雷神 風の章 (柳広司):

« たったひとつの冴えたやりかた (ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア) | トップページ | 風神雷神 雷の章 (柳広司) »