« 作家と楽しむ古典 (池澤直樹、他) | トップページ | 政と源 (三浦しをん) »

2018年1月 9日 (火)

ヒカルの卵 (森沢明夫)

ヒカルの卵 (徳間文庫)
ヒカルの卵 』は山奥の限界集落に暮らす3人の幼馴染を軸にした「村おこし」の物語。養鶏農場を営むムーさん、娘がかわいくて仕方ない大吉、出戻り直子。お人好しのムーさんが、自慢の卵で村に人を呼ぼうと「たまごかけご飯専門店」を開くことを決意します。しかも無料で食わせるというので、周囲は「絶対失敗する」と猛反対するのですが...。

1. 卵ブーメラン
2. 傷つかない心
3. ヒカルの卵
4. 商売の真髄
5. 魔法の醤油

そもそも美味しいものが出てくる小説を読みたかったのです。たしかに卵は美味しそうなのですが、卵だけではグルメ小説とはいいにくい。それならば川で釣ったイワナやヤマメのほうが美味しそうでした。

お勧め度:★★★☆☆

« 作家と楽しむ古典 (池澤直樹、他) | トップページ | 政と源 (三浦しをん) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72555588

この記事へのトラックバック一覧です: ヒカルの卵 (森沢明夫):

« 作家と楽しむ古典 (池澤直樹、他) | トップページ | 政と源 (三浦しをん) »