« 新しい分かり方 (佐藤雅彦) | トップページ | 小袖日記 (柴田よしき) »

2017年12月30日 (土)

ピカルディの薔薇 (津原泰水)

ピカルディの薔薇 幽明志怪 (ちくま文庫)
ピカルディの薔薇 』は『少女外道 』は、三浦しをんの『本屋さんで待ち合わせ 』で紹介されているのをみて読んでみました。

・夕化粧
・ピカルディの薔薇
・籠中花
・フルーツ白玉
・夢三十夜
・甘い風
・新京異聞

皆川博子の『少女外道』も地味に怖かったけれど、本作は鋭利な怖さがあります。おしろい花とヤドカリを思い出すと身震いします。

お勧め度:★★★★☆

« 新しい分かり方 (佐藤雅彦) | トップページ | 小袖日記 (柴田よしき) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72481231

この記事へのトラックバック一覧です: ピカルディの薔薇 (津原泰水):

« 新しい分かり方 (佐藤雅彦) | トップページ | 小袖日記 (柴田よしき) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ