« 東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて (成田名璃子) | トップページ | 少女外道 (皆川博子) »

2017年12月 9日 (土)

彼女のこんだて帖 (角田光代)

彼女のこんだて帖 (講談社文庫)
彼女のこんだて帖 』は、レシピ付き連作短編小説集。

文庫本にしては紙が厚くて白い。うしろにカラー写真入りのレシピが載っているからなのですね。前後を入れ替えれば、小説付きレシピ本になりそう。

「美味しい」と思えればシアワセになれる。これはホント! だから、わたしはふだんから「美味しい」を探し求めているのです。一杯の珈琲から一個のクロワッサン、りんご...なんでもいい。

1. 泣きたい夜はラム
2. 恋のさなかの中華ちまき
3. ストライキ中のミートボールシチュー
4. かぼちゃのなかの金色の時間
5. 漬けもの名鑑
6. 食卓旅行 タイ篇
7. ピザという特効薬
8. どんとこいうどん
9. なけなしの松茸ごはん
10. 恋するスノーパフ
11. 豚柳川できみに会う
12. 合作、冬の餃子鍋
13. 決心の干物
14. 結婚三十年目のグラタン
15. 恋の後の五目ちらし

小説としては13話が気に入りました。9話で高価な松茸を買ってしまうのにもビックリ。短編なので「掴み」の部分で完結してしまって、もっと続けてほしいと思う話もいくつか。そういう意味では、小説としては「消化不良」気味でした。

お勧め度:★★★☆☆

« 東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて (成田名璃子) | トップページ | 少女外道 (皆川博子) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72315167

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女のこんだて帖 (角田光代):

« 東京すみっこごはん 親子丼に愛を込めて (成田名璃子) | トップページ | 少女外道 (皆川博子) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ