« 簒奪 奥右筆秘帳 (上田秀人) | トップページ | 隠密 奧右筆秘帖 (上田秀人) »

2017年11月 7日 (火)

秘闘 奥右筆秘帳 (上田秀人)

秘闘 奥右筆秘帳 (講談社文庫)
秘闘 奥右筆秘帳 』 はシリーズ第6弾。

前作に続いて、柊衛悟と立花瑞紀との仲を軸に読んでいくと、なかなか楽しい。

どちらも死んでしまったらおしまいなので、忍者に襲われる奥右筆組頭立花併右衛門を守ろうとする衛悟を応援する手に力が入ります。シリーズ中、このふたりが死ぬことはないと安心していますが。

徳川家基の死因は「毒を盛られたのでは」という噂はあっても、事実は深い闇の中。だったのですが、本作の最後に明かされる驚愕の真実!

なーんて、そんなことよりも、瑞紀に対する強引な婿取り話を一蹴する親父さんがかっこいい! しかし、前巻の衛悟の縁談相手の娘さんは反応なし。彼女が絡んできたときに瑞紀がどう反応するか楽しみだったのですが、残念です。(イヂワル?)

12巻完結なので、折り返し地点まで来ました。

お勧め度:★★★☆☆

« 簒奪 奥右筆秘帳 (上田秀人) | トップページ | 隠密 奧右筆秘帖 (上田秀人) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/72149580

この記事へのトラックバック一覧です: 秘闘 奥右筆秘帳 (上田秀人):

« 簒奪 奥右筆秘帳 (上田秀人) | トップページ | 隠密 奧右筆秘帖 (上田秀人) »