« あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) | トップページ | コインロッカー・ベイビーズ (村上龍) »

2017年9月17日 (日)

古都再見 (葉室麟)

古都再見
古都再見 』は、久留米から京都に移り住んだ小説家・葉室麟のエッセイ集。

京都を舞台にかつて起きた事を取り上げ、そこに歴史の解説を加えてあるのですが、時代小説作家の覚書のように見えます。

京都を舞台にした能を、名古屋で見るのと、京都で見るのとでは印象がちがいます。ですから、小説を書くのも読むのも「ここで実際にあったことなんだ」と思えばリアリティが増します。

本としては期待した内容とはすこし違いましたが、気軽に読めるので葉室麟ファンにお勧めします。

お勧め度:★★★☆☆

« あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) | トップページ | コインロッカー・ベイビーズ (村上龍) »

ノンセクション」カテゴリの記事

京都」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/71687892

この記事へのトラックバック一覧です: 古都再見 (葉室麟):

« あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) | トップページ | コインロッカー・ベイビーズ (村上龍) »