« ふわふわの泉 (野尻抱介) | トップページ | あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) »

2017年9月10日 (日)

墨龍賦 (葉室麟)

墨龍賦(ぼくりゅうふ)
墨龍賦(ぼくりゅうふ) 』は、武士の家に生れながら東福寺に入れられ、のちに絵師として生きていくことになる海北友松(かいほうゆうしょう)を描いた物語。表紙絵は彼が建仁寺で描いた雲龍図です。

若き日の友松は、東福寺でのちの安国寺恵瓊と出会い、狩野永徳に弟子入りし、明智光秀の側近・斎藤内蔵助とも親しくなっていきます。恵瓊は毛利家のために働き、織田信長が勢力を拡げていく中で本能寺の変が起きて…。

とんでもない乱世を生き、絵師として人生を全うした男の物語。次々に「天下人」が入れ替わる時代には、歴史は強者によって都合のよいように書き換えられるもの。しかし「絵に魂を込めるなら、力ある者が滅びた後も魂は生き続けます。たとえ、どのような大きな力でも変えることができなかった魂を、後の世のひとは見ることになりましょう」。

2017年春の京博での展覧会を見逃したのが悔やまれます。

お勧め度:★★★★★

« ふわふわの泉 (野尻抱介) | トップページ | あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/71522159

この記事へのトラックバック一覧です: 墨龍賦 (葉室麟):

« ふわふわの泉 (野尻抱介) | トップページ | あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁) »