« 墨龍賦 (葉室麟) | トップページ | 古都再見 (葉室麟) »

2017年9月14日 (木)

あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁)

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)
あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇』はシリーズ第4弾。大坂天満の呉服商「五鈴屋」の五代目店主・惣次の女房・幸が主人公。この時代、女性は商店の主人になることは禁じられている中での奮闘記。

前作で、惣次はその傲慢さから取引先の信頼を失い「あんたとは取引できんが、幸さんなら喜んで」と言われ轟沈、行方不明となりました。さあ、主人が出奔したなどと知れては店の信頼はガタ落ち。さて、惣次の祖母・お富久は(家出した)三男坊・智蔵に店を継いでくれるよう頼むのですが…。

読み始めれば、その後のおおまかな展開は見えてきます。落ち着くところに落ち着くだろうという安心感からゆったりとした気分で楽しめました。「水戸黄門」的というか「正義は勝つ」という安心感というのか、これが時代劇(時代小説)の王道なのかもしれません。『みをつくし料理帖』もよかったけど、本シリーズもわたしのなかの評価が上がってきました。

今回は人形浄瑠璃(文楽)に引っ掛けた部分があって、それも面白かった。新手の手法で次々に商いを広げていく様子が痛快です。ただ、世話になった人のピンチには「売られていない喧嘩をも買う」幸でした。はやく続きが読みたい!

お勧め度:★★★★★

« 墨龍賦 (葉室麟) | トップページ | 古都再見 (葉室麟) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/71612814

この記事へのトラックバック一覧です: あきない世傳 金と銀 4 貫流篇 (高田郁):

« 墨龍賦 (葉室麟) | トップページ | 古都再見 (葉室麟) »