« 量子コンピュータが人工知能を加速する (西森秀稔、大関真之) | トップページ | 新全訳古語辞典 (大修館書店) »

2017年8月 7日 (月)

銀河アドベンチャー Walkr 4.0 研究所(実験室)と指令室

銀河アドベンチャー Walkr とは、新しい惑星を探索、植民化して自分の銀河を広げていくゲーム。スマホの歩数カウンター値が宇宙船のエネルギーになる点がユニークなのと、美麗かつヘンテコリンなグラフィックが魅力です。

しかし、プレイヤーを飽きさせないために惑星を増やしたり、新機能を追加したりで、ずいぶんややこしいゲームになりました。機能説明がほとんどないため、手探りで進めなければならないあたりも「アドベンチャー」してます。

Img_0339

Walkr 4.0 では「ソーシャル」メニュー内の「研究所」で、自分が選択した惑星を、他の参加者から寄付を募ることでアップグレードすることができます。最高のレベル7まで、原則として1回アップグレードするたびに住民が2人ずつ増えます。住民が増えるとあなたのランキングが上がる仕組みです。

寄付するのは「エネルギー」なのですが、参加者の目標額を見ていると3万から6万、9万、12万、15万、18万と6ランクあります。従来のアップグレード方法でコインがたくさん必要になるにつれてランクが上がるのでしょう。ただ、3千万コイン必要な惑星でも、5千万以上必要になる惑星でも同じ18万エネルギーのようです。

コインを3千万貯めるなんて容易ではありません。仮に1回のエピックで1千万コイン稼いだとして、それが3回分です。5千万コインなんて考えたくもありません。エピックは疲れます。無理です。理不尽です。

だから「研究所」だったのでしょうね。誰もがいずれは行き当たる問題に救済策(選択肢)を用意したと。エピックが苦手な方は研究所へどうぞと。この行き当たりばったりさ加減がなんとも言えませんが、嫌ならプレイしなければいいだけのこと。言わぬが花という部分もあります。

さて、たしかに救済策ではありますが、それにしても18万エネルギーを1回500エネルギー単位で寄付してもらうと360回。最高の2,500エネルギー寄付してもらうとしても72回。早く寄付を集めるには「2,500エネルギー仲間」を増やすことしかないと思います。

「研究所」画面で「メンバー」タグをタップすると、寄付額が多い順にメンバー一覧が表示されます。たくさん寄付している人(エネルギーに余裕がある人)に優先して2,500エネルギーを寄付して Give & Take の関係を築いていくのです。そういう「仲間」が3人できれば、1回の「リクエスト」が6時間続くから、1日で最高4回x2,500=1万エネルギーが3人分なら1日3万。6日あれば18万エネルギー溜まる計算になります。(あくまで計算上)

ただし、1日3万「もらう」ためには1日3万「寄付する」のが礼儀です。1日1万歩くらいなら誰でも歩くでしょうけれど3万歩なんて。そこで登場するのが「指令室」です。

Img_0337

指令室は以前から存在するのですが、使い方がちょっとわかりづらい。指令室には3名の副官を(自分の「友達」の中から)登録することができて、自分の宇宙船のエネルギー積載量の50%、30%、20%が割り当てられるのです。わたしの宇宙船プローブは7万エネルギー積載できますから、最高で35,000、21,000、14,000エネルギーを副官が与えてくれる可能性があるのです。この臨時収入が有難い。

指令室にエネルギーが貯まっていく仕組みは不明ですが、おそらく登録メンバーの歩数と連動しているのでしょう。つまり、実生活でもゲーム内でもアクティブな人のほうが、たくさんエネルギーを与えてくれるはず。ここに頼りになる副官を登録できるかどうかが、あなたのWalkrライフをおおきく左右します。実際、エピックでは何度も救われています。

Walkr 4.0 は、自分ひとりでがんばっても進まないゲームです。エピックでも研究所でも、いろいろ試してみてください。意外な発見があるかもしれません。時間制限はありませんから、マイペースで楽しみましょう!

« 量子コンピュータが人工知能を加速する (西森秀稔、大関真之) | トップページ | 新全訳古語辞典 (大修館書店) »

iPhone」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/71341068

この記事へのトラックバック一覧です: 銀河アドベンチャー Walkr 4.0 研究所(実験室)と指令室:

« 量子コンピュータが人工知能を加速する (西森秀稔、大関真之) | トップページ | 新全訳古語辞典 (大修館書店) »