« どぜう屋助七 (河治和香) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (大沼紀子) »

2017年6月16日 (金)

蘇我の娘の古事記 (周防柳)

蘇我の娘の古事記
蘇我の娘の古事記 』は 百済人の父と娘が紡いだ「古事記」の物語です。その娘コダマというのは、じつは乙巳の変で暗殺された蘇我入鹿の娘だったのですが、本人はそれを知らされずに育つのです。

蘇我入鹿というと、まず思い出したのが文楽「妹背山婦女庭訓」。ここでは蝦夷、入鹿父子は悪者なのですが、本書ではちょっとイメージがちがいます。

『平家物語』や『徒然草』などは、河出書房新社の『日本文学全集』(池澤夏樹=個人編集)で生まれて初めて読破できたのですが『古事記』は無理でした。現代語訳されていても、ピンと来ないというか、つまらないのです。

そこで本書です。あちこちの語り部がコダマに語って聞かせる形で古事記の内容が綴られます。「古事記ってこんなふうに書かれたんじゃないかな」というフィクションなのですが、その時代背景や登場人物たちの立場や心情が丁寧に描かれており、そこから「古事記」の世界が見えてくるのです。

戦国時代や江戸時代の小説は数多く出ていますが、飛鳥時代となると文献が少ない(ない?)ために小説にもなりにくい。どこまでが史実で、どこまでが神話なのかわかりませんが、日本という国が生まれた話というのは、子供たちに語っていきたい「おはなし」です。愛国心の問題ではなく、自分の生まれた国について「こういう話もある」ということを知っておいてほしい。そういう意味で、本書は画期的だと思うのです。

ただ「蘇我の娘」が大活躍するわけではありません。時代に翻弄されながら彼女が家族とともに生きた時代を描いているだけです。

乙巳の変(中大兄皇子、中臣鎌足らが宮中で蘇我入鹿を暗殺して蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした飛鳥時代の政変)から、壬申の乱(天智天皇の太子・大友皇子(弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえした)後までが想像できるだけでも面白い。古代史に興味がある方はぜひ!

お勧め度:★★★★★

« どぜう屋助七 (河治和香) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (大沼紀子) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/70879635

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇我の娘の古事記 (周防柳):

« どぜう屋助七 (河治和香) | トップページ | 真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (大沼紀子) »