« マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏) | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんとビブリアファイト部活動日誌 (峰守ひろかず) »

2017年6月28日 (水)

本を守ろうとする猫の話 (夏川草介)

本を守ろうとする猫の話
本を守ろうとする猫の話 』は 『神様のカルテ 』の作者による長編小説。

高校生の林太郎は、夏木書店を営む祖父とふたり暮らし。だったのですが、祖父が他界し、呆然としているところから物語は始まります。叔母さんに引き取られることになっているのですが、ちょっとした事件が起きます。

1. 第一の迷宮「閉じ込める者」
2. 第二の迷宮「切りきざむ者」
3. 第三の迷宮「売りさばく者」
4. 最後の迷宮
5. 事の終わり

夏木書店は古典もしっかり揃えてある古書店。そこへトラ猫が現れて「本を助けてほしい」と頼みます。これは夏目漱石か、涼宮ハルヒか!?

林太郎は学校でも目立たない、自宅で本を読んでばかりいる引きこもり。「ぼくなんかよりもっと役に立つ人がいるだろうに」と断ります。が、猫は「おまえの力を貸してほしい」とねじ込んだ結果「迷宮」に連れていかれる羽目になったわけです。

第2章までは『STORY BOX』に寄稿したもので、以後は書き下ろしだとか。たしかに2章まではインパクトがあって引き込まれたのですが、後半はきれいにまとめすぎてて物足りず、ちょっと残念でした。

他にも、わたしは古書店が舞台になっている『東京バンドワゴン』『ビブリア古書堂の事件手帖』『書楼弔堂 』などがお気に入り。日経新聞で見たのですが、駒場公園の日本近代文学館1階に "BUNDAN COFFEE&BEER"というブックカフェがあるとか。そこでAKUTAGAWAという珈琲をいただいて、のんびり本に埋もれてみたい。

夏木書店のその後が気になるので、続編を期待しています。

お勧め度:★★★☆☆

« マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏) | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんとビブリアファイト部活動日誌 (峰守ひろかず) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/70944413

この記事へのトラックバック一覧です: 本を守ろうとする猫の話 (夏川草介):

« マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏) | トップページ | ビブリア古書堂の事件手帖スピンオフ こぐちさんとビブリアファイト部活動日誌 (峰守ひろかず) »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ