« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月28日 (水)

本を守ろうとする猫の話 (夏川草介)

本を守ろうとする猫の話
本を守ろうとする猫の話 』は 『神様のカルテ 』の作者による長編小説。

高校生の林太郎は、夏木書店を営む祖父とふたり暮らし。だったのですが、祖父が他界し、呆然としているところから物語は始まります。叔母さんに引き取られることになっているのですが、ちょっとした事件が起きます。

1. 第一の迷宮「閉じ込める者」
2. 第二の迷宮「切りきざむ者」
3. 第三の迷宮「売りさばく者」
4. 最後の迷宮
5. 事の終わり

夏木書店は古典もしっかり揃えてある古書店。そこへトラ猫が現れて「本を助けてほしい」と頼みます。これは夏目漱石か、涼宮ハルヒか!?

林太郎は学校でも目立たない、自宅で本を読んでばかりいる引きこもり。「ぼくなんかよりもっと役に立つ人がいるだろうに」と断ります。が、猫は「おまえの力を貸してほしい」とねじ込んだ結果「迷宮」に連れていかれる羽目になったわけです。

第2章までは『STORY BOX』に寄稿したもので、以後は書き下ろしだとか。たしかに2章まではインパクトがあって引き込まれたのですが、後半はきれいにまとめすぎてて物足りず、ちょっと残念でした。

他にも、わたしは古書店が舞台になっている『東京バンドワゴン』『ビブリア古書堂の事件手帖』『書楼弔堂 』などがお気に入り。日経新聞で見たのですが、駒場公園の日本近代文学館1階に "BUNDAN COFFEE&BEER"というブックカフェがあるとか。そこでAKUTAGAWAという珈琲をいただいて、のんびり本に埋もれてみたい。

夏木書店のその後が気になるので、続編を期待しています。

お勧め度:★★★☆☆

2017年6月24日 (土)

マージナル・オペレーション 改 02 (芝村裕吏)

マージナル・オペレーション改 02 (星海社FICTIONS)
マージナル・オペレーション改 02 』は本編の後日談の続編。3000人の子供たちの安住の地を求めるにも先立つものが必要、というわけで、ジブリールとふたりで中国に出稼ぎに来たアラタです。

1. 語学研修
2. 戦争の学校
3. 豆坦克について
4. 占領計画
5. 逃走

中国で語学、武器などについて研修を受けたのち、北朝鮮に派遣される予定なのですが、ふたりを出迎えたのは、シベリアのお目付役パウローでした。

ジブリールも語学研修を受けるものの勉強は苦手なようで、アラタに手料理をふるまうことに力を注ぎます。パンダのエプロン姿のジブリールがかわいい。アラタの鈍感ぶりは鉄壁ですが、ジブリールも諦めません。アラタにすれば、拗ねるジブリールはめんどくさいだけなのですが「子供」は好きなので邪険にはしません。ジブリールが「大人」認定されたとき、嫁にするか捨てるか、ふたつにひとつ。後者はジブリールの死を意味するでしょう。(こわい)

語学はともかく、ドローンが重要視されているのがリアル。マジオペは「軍事ラブコメ」なので、なにげに現実世界の裏側を匂わせてくれるのも魅力のひとつ。

ジブリールは「アラタはわたしが守ります」というだけあって最強です。しかし、子供たちにこんなことをさせるなんて、アラタの心がよく折れないものだと感心します。

お勧め度:★★★★★

2017年6月20日 (火)

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (大沼紀子)

([お]7-9)真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)
真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 』はシリーズ完結編。表紙絵を見て「希美もパン屋さんになるの!?」と思ったけれど、そういうわけじゃないみたい。

400ページ弱の紙幅に、斑目氏、ソフィア、弘基、希美の、その後の人生が綴られています。それぞれ海外に出て行くところが共通していておもしろい。不幸がデフォルトだと思い込んでいた人たちが、気づいたら幸せになってるっていいですね。

ここまで来たら最後は暮林さんでしょう。彼は最初から謎の人。喜怒哀楽がはっきりしないのです。妻の美和子さんが「真夜中にパン屋さんをやろうと思った理由」について希美が口にしたのは、意外なようで自然なもの。最後にそう来ましたか。いいお話です。

お勧め度:★★★★★

2017年6月16日 (金)

蘇我の娘の古事記 (周防柳)

蘇我の娘の古事記
蘇我の娘の古事記 』は 百済人の父と娘が紡いだ「古事記」の物語です。その娘コダマというのは、じつは乙巳の変で暗殺された蘇我入鹿の娘だったのですが、本人はそれを知らされずに育つのです。

蘇我入鹿というと、まず思い出したのが文楽「妹背山婦女庭訓」。ここでは蝦夷、入鹿父子は悪者なのですが、本書ではちょっとイメージがちがいます。

『平家物語』や『徒然草』などは、河出書房新社の『日本文学全集』(池澤夏樹=個人編集)で生まれて初めて読破できたのですが『古事記』は無理でした。現代語訳されていても、ピンと来ないというか、つまらないのです。

そこで本書です。あちこちの語り部がコダマに語って聞かせる形で古事記の内容が綴られます。「古事記ってこんなふうに書かれたんじゃないかな」というフィクションなのですが、その時代背景や登場人物たちの立場や心情が丁寧に描かれており、そこから「古事記」の世界が見えてくるのです。

戦国時代や江戸時代の小説は数多く出ていますが、飛鳥時代となると文献が少ない(ない?)ために小説にもなりにくい。どこまでが史実で、どこまでが神話なのかわかりませんが、日本という国が生まれた話というのは、子供たちに語っていきたい「おはなし」です。愛国心の問題ではなく、自分の生まれた国について「こういう話もある」ということを知っておいてほしい。そういう意味で、本書は画期的だと思うのです。

ただ「蘇我の娘」が大活躍するわけではありません。時代に翻弄されながら彼女が家族とともに生きた時代を描いているだけです。

乙巳の変(中大兄皇子、中臣鎌足らが宮中で蘇我入鹿を暗殺して蘇我氏(蘇我本宗家)を滅ぼした飛鳥時代の政変)から、壬申の乱(天智天皇の太子・大友皇子(弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえした)後までが想像できるだけでも面白い。古代史に興味がある方はぜひ!

お勧め度:★★★★★

2017年6月12日 (月)

どぜう屋助七 (河治和香)

どぜう屋助七 (実業之日本社文庫)
どぜう屋助七 』は、浅草で今もつづく老舗「駒形どぜう」の三代目のお話。ときは幕末、ペリーの黒船がやってきたり、京では新撰組が暴れたり、不穏な空気が漂うなか、江戸の町人たちは地震にも火事にも負けず、日々暮らしていた様子がよく伝わってきます。ラノベとはちがう、しっかりした文章は安心して読むことができます。

一、君は今 駒形あたり どぜう汁
二、アメリカが来ても日本はつつがなし
三、恋は思案の外 欲は分別の内
四、鯰もおごる神の留守事
五、鯨汁 椀を重ねて叱られる
六、冥土の旅へコロリ欠け落ち
七、きゅうりごしん しんごしん
八、風の神 雷門に居候
九、江戸の豚 都の狆に追い出され
十、きんのと変わらぬけふの味

日経新聞夕刊文化面の書評欄で取り上げられたのを見て読んでみたのですが、予想以上に面白かった。書評欄というのは他人の評価なので、読んでみなければ面白いかどうかわかりません。でも、紹介された本に興味が惹かれれば読みたくなるもの。

東京で暮らしていたときも、どじょうは食べたことがありません。いまも抵抗がある。うなぎやくじらは食べるのだから、単なる食わず嫌いなのでしょう、たぶん。

お勧め度:★★★★★

2017年6月 9日 (金)

アキラとあきら (池井戸潤)

アキラとあきら (徳間文庫)
アキラとあきら 』は『陸王』に続く長編小説。「感動の青春巨篇」なんて紹介されているから、やや不安を感じながら購入したのですが、いつもの「池井戸節」でした!

そう「負けるものか」ビジネス小説です。大企業と小企業、そして銀行。だれが強者で、だれが弱者なのか。ちいさな町工場の息子・山崎瑛は父親の工場が倒産して夜逃げ同然に引っ越し。一方、大手海運会社の社長の息子・階堂彬がそれぞれの運命に翻弄されながらも、お互いを知らないままに同じ大学を卒業し、同じ企業に就職するのでした。

山崎瑛は失うものは持たないものの、ひとつの理想(夢)を持っていました。一方、階堂彬は親の会社と叔父ふたりの会社を失いたくありません。問題は叔父たちが伊豆に立ち上げたリゾートホテルが赤字続きで、このままでは親会社を含めて破綻は必至ということ。一体どうなってしまうのかハラハラ、どきどき。後半は坂を転がり落ちるように、一気に読んでしまいました。

東芝をはじめとする日本の電気メーカーの惨状をみるにつけ、サラリーマン社長や役員が従来路線を踏襲するだけでは大企業も確実に傾くことを再認識しました。プロの経営者が必要です。

お勧め度:★★★★☆

2017年6月 6日 (火)

珈琲に誘われて伊勢参り(後編)

伊勢の外宮前観光案内所で借りたレンタサイクルで猿田彦神社へ向かいます。

Img_0224

県道32号線を南下していけば、左手に猿田彦神社があり、そこを右折すればおかげ横町と内宮です。4km弱なので自転車で20分くらいでしょうか。歩道が狭くて走りにくいのと、多少坂道でしたが、無事猿田彦神社に到着しました。

Img_0182

パンフレットにもあるように、拝殿正面に「方位石」がありました。

Img_0183

拝殿脇のベンチに腰掛けて休憩していたら、白無垢の花嫁さんが写真撮影に登場。結婚式があったようです。ふたりの息子たちのために「みちひらきの大神」の御守護をいただいて帰ります。

内宮の一般駐車場はすでに「満車」。おかげ横町の入口脇に自転車を停めて内宮へ向かいます。

Img_0191

あ、太鼓櫓だ。以前来たのはいつだったろう。でも、ひとりで来たのは初めて。なんだか新鮮です。

Img_0193

ふくすけで伊勢うどんをいただきました。伊勢で食べる伊勢うどんは初めて。わかってはいたものの、麺が太くてやわらかい。その食感は「カフェびあんか」のフレンチトーストを思い出します。熱田神宮のきしめん同様、参拝客が手早く空腹を満たすことができるから重宝されたのかも。

近くの店で「電気ブラン」を売っていました。ほんとうにあるんですね。森見登美彦の『有頂天家族』に「偽電気ブラン」が出てくるのだけれど、架空のお酒だと思っていました。

あちこちで赤福を売っていますが、わたしは苦手。おかげ横町はよくできた観光施設だと思いますが「いかにも観光地」というのは苦手なので、まっすぐ内宮を目指します。(われながら苦手なものが多いな…)

Img_0196

内宮の宇治橋は右側通行です。

Img_0198

この場所は覚えています。内宮の拝殿前。午前10時なのに、すでに混雑しています。長居すると疲れるので、神様へのご挨拶を済ませると即離脱。

内宮から伊勢市駅のほうへ戻り、東を迂回してJRと近鉄の線路を越えて「伊勢河崎商人館」を目指します。勢田川沿いの古い町並みが残っている地域があるのです。細い道を北へ向かうと、所々に洒落たお店があります。途中、蔵を改造したカフェがあって、表の黒板の「中村さんのコーヒー 400円」という変わったメニューに惹かれて休憩することにしました。文字通り「河崎 蔵」というカフェです。

Img_0205

「コーヒーは酸味系と苦味系のどちら?」「苦味系で」「シフォンケーキにはホイップクリームをつけますか?」「はい、お願いします」。ジャズピアノがBGMで、時間がゆっくり、のんびり流れます。おかげ横町のような活気はないけれど、ここも伊勢です。ホッとして、くつろぎます。

Img_0221

もうすこし北へ行くと左手に「伊勢河崎商人館」がありました。ここは酒店だったそうで、裏には蔵がたくさん。松坂の本居宣長の影響もあって、店主が国学や和歌に凝って、蔵書もたくさん。古今和歌集など、当時としてはひと財産だったのではないでしょうか。ページを開いて見てみたい。実物でなくてもいいからデジタルアーカイブなどで見ることができるとうれしい。

Img_0216

そう、日本初の紙幣というのも展示してありました。のちの藩札ですね。見た目は本の栞みたい。

Img_0217

予定どおり4時間でレンタサイクルを返して、伊勢市駅から近鉄に乗って帰りました。あとは、東京に行く機会があれば、恵比寿の猿田彦珈琲に寄らせてもらいます。それでコンプリートです!

おしまい

2017年6月 5日 (月)

珈琲に誘われて伊勢参り(前編)

すべての始まりは珈琲でした。

猿田彦珈琲のギフトセットを長男が贈ってくれました。ブレンドとフレンチの珈琲豆が100gずつ、グラノーラと珈琲カステラが入っていました。

Img_0161

さらに、中から猿田彦神社のパンフレットが出てきました。

Img_0223

はて? 猿田彦珈琲は東京・恵比寿にあって、猿田彦神社は伊勢のはず。どういう関係なのか、ネットで調べてみて「ノリが軽いな」(笑)。お得意のコラボ?

猿田彦ブレンドをペーパードリップで淹れてみました。細挽きなので落ちるのに時間がかかります。くわしいことはわかりませんが、独特の味がします。一般的なブレンドにちょっと薬味が加えてあるような味。個人的にはもうすこし酸味控えめが好みかな。

一方の猿田彦フレンチは深煎りストレート。癖がありません。チョコレートケーキの味を引き立ててくれます。もちろんアイスにしても美味しい。

グラノーラの原材料は「オートミール、きび砂糖、メープルシロップ、バター、クルミ、アーモンド、あんず、クランベリー、りんご、小麦ふすまフレーク、いちじく、カボチャの種、亜麻仁、ひまわりの種、ごま、コーンフレーク、塩」と上等な感じ。ヨーグルトにトッピングしたら美味しかった。

珈琲カステラは、珈琲といっしょに食べたら珈琲の味がわからんかった。牛乳の方がいいかも。ともあれ、いろいろ美味しくいただきました。今回もらった珈琲ギフトを楽しみ尽くすには、残るは「お参り」ですね。

神社のパンフを手に、名古屋駅から近鉄に乗って伊勢に向かったのでした。

じつは当日の朝まで迷っていたんです。伊勢神宮は混雑するだろうし、意外に遠いし、眠いし。でも、もうすぐ梅雨入りという時期に見事に晴れています。これは神様が来いとおっしゃっているのだろうと腰を上げたのでした。

電車に乗るときは、Apple Watch 2 内蔵のSUICAを使っているのですが、Watch OS 3.2.2 ではSUICAにチャージした金額が正常に表示されません。お願いだからアップデートにバグを仕込まないでほしい。>Apple この問題はWatchをヘルプモードにしても直らず、一度改札を通るか、コンビニで買い物すれば正しい金額が表示されます。つまり残高ゼロだったら手詰まりだったわけで、恐ろしい。

Img_0168_2

猿田彦神社は内宮(ないくう)に近いので、伊勢神宮もお参りしましょう。外宮(げくう)から先にお参りするものらしいけれど、内宮への移動はバスになります。でもバスより自転車がいい。レンタサイクルが外宮前の観光案内所と、宇治山田駅前にあるようなので、外宮前に観光案内所が開店する8:30到着を目指します。

休日に観光地に行くときは朝一番に出発して早めに帰宅するようにしているのですが、特急ではなく急行の所要時間100分は(寝不足のため)眠くて死にそうなうえにお尻が痛くて辛かった。

Img_0170

名鉄電車の伊勢市駅をJR側出口に出て、正面の石の鳥居をくぐり、まっすぐ外宮に向かって歩きます。すると左手(鋭角に曲がってすぐ)に「カフェびあんか」があります。珈琲で目を醒ましたいし、30分ほど時間があるので休憩させてもらいましょう。

Img_0174

モーニングセットの「バターブレンドコーヒー+フレンチトースト」を頼みました。

Img_0172

ふわふわトロトロのフレンチトーストはパンというよりケーキみたい。バターブレンドというから構えたものの、ふつうに美味しいブレンドでした。

Img_0176

外宮前観光案内所でレンタサイクルを借りました。わりに新しい3段変速車が4時間まで500円。時間延長するときは電話してほしいとのこと。予約できるようなので、複数名で借りるときは予約したほうが確実。さて、4時間でどこまで回ることができるでしょうか。

Img_0177

外宮はすぐ目のまえ。衛士見張所横の駐輪場に自転車をとめて表参道火除橋を渡ります。第一鳥居をくぐるとそこは唐突に森のなか。明治神宮を思い出しながら「なんだかテーマパークみたい」。

Img_0178

外宮の正宮にお参りしたのち、土宮、風宮、多賀宮にもお参りしました。

さて、外宮をあとにして、自転車で猿田彦神社と内宮へ向かいます。

(後編へつづく)

2017年6月 3日 (土)

新説 狼と羊皮紙 狼と香辛料 (支倉凍砂)

新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 (電撃文庫)
新説 狼と香辛料 狼と羊皮紙 』は 『狼と香辛料』の1世代後日譚。聖職者になる夢を叶えるため旅立つコルに、ホロとロレンスの娘ミューリが強引についていってしまいます。あの「ホロ」の娘ということで、さて、どんな女の子に育っているのか興味津々です。

ロレンスがホロに翻弄されていたのと同様、コルもミューリに好かれて振り回されます。ケモ耳娘のファンタジーラブコメです。幼いはずなのに、時々コルより年上のように鋭いツッコミを入れるのがアンバランス。

コル自身も、聖職者になりたいといいつつ教会(教皇)に逆らう勢力につくというのが不自然。1巻の印象としては、非常に危ういバランスのうえに成り立っている物語なので、途中でコケないことを祈ります。

お勧め度:★★★☆☆

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »