« 侵食 奧右筆秘帳 3 (上田秀人) | トップページ | 悪果 (黒川博行) »

2017年5月 5日 (金)

継承 奧右筆秘帳 4 (上田秀人)

継承 奥右筆秘帳 (講談社文庫)
継承 奥右筆秘帳 』はシリーズ第4弾。このシリーズの各タイトルが漢字二文字で覚えづらい。それが何巻目なのかがわからないので、次に読む本を探すのに書名をいちいち調べないといけません。シリーズものにはタイトルに連番を振ってほしい。

さて、尾張徳川家の後継をめぐる問題に、駿府城で家康の書付が見つかった件が絡み、書付の真贋を見極めるために奥右筆組頭・立花併右衛門が派遣されるという異例の事態。書付を狙うものは複数いて、江戸に残された衛悟は併右衛門が心配でなりません。

これまでのところ、本シリーズの舞台は、江戸城の将軍を含む上層部、御庭番ら忍集団、吉原が主なところ。欲にまみれた連中がやりたい放題。ただ、おとなしく殺されるわけにはいかないぞっと。

わたしはここで小休止。また気が向いたら続きを読みます。間が空いても、話を忘れても、ちゃんと人物紹介してくれるでしょうから。

お勧め度:★★★☆☆

« 侵食 奧右筆秘帳 3 (上田秀人) | トップページ | 悪果 (黒川博行) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/70328345

この記事へのトラックバック一覧です: 継承 奧右筆秘帳 4 (上田秀人):

« 侵食 奧右筆秘帳 3 (上田秀人) | トップページ | 悪果 (黒川博行) »