« ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台 | トップページ | 恋かたみ 狸穴あいあい坂(諸田玲子) »

2017年4月17日 (月)

狸穴あいあい坂 (諸田玲子)

狸穴あいあい坂 (集英社文庫)
狸穴あいあい坂』は、元火盗改の祖父と麻布で暮らす17歳の結寿(ゆず)が主人公。両親から縁談をしつこく勧められ、祖父宅に逃げてきた格好です。

狸穴でムジナを探す八丁堀同心の妻木と出会い、いつしか好きになっていくのですが、火盗改と町方はライバル同士で犬猿の仲。周囲の猛反対は火を見るより明らかで…。

・ムジナのしっぽ
・涙雨
・割れ鍋のふた
・ぐずり心中
・遠花火
・ミミズかオケラか
・恋心
・春の兆し

火盗改の娘だけあって結寿は、いざとなると肝が座っています。身近な人間が事件に巻き込まれると黙っていることができずに、町方の妻木に助けを求め、解決への糸口を掴むのでした。

殺伐とした事件も、どこかほんわかムードで包み込む流れが心地いい。続編として『恋かたみ 』『心がわり 』が出ています。

お勧め度:★★★★☆

« ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台 | トップページ | 恋かたみ 狸穴あいあい坂(諸田玲子) »

時代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/70138582

この記事へのトラックバック一覧です: 狸穴あいあい坂 (諸田玲子):

« ビブリア古書堂の事件手帖 7 ~栞子さんと果てない舞台 | トップページ | 恋かたみ 狸穴あいあい坂(諸田玲子) »