« ハリー・ポッターと呪いの子 (J.K.ローリング他) | トップページ | 岐阜・柳ケ瀬探訪:革靴と担々麺と金沢あかり坂 »

2017年3月 4日 (土)

書楼弔堂 破暁 (京極夏彦)

文庫版 書楼弔堂 破暁 (集英社文庫)
書楼弔堂 破暁 』は、明治20年代の東京府の外れに、ひっそりと佇む「書楼弔堂」なる古書店。ふと足を踏み入れた主人公が不思議な縁でだれかを弔堂に案内し、そこの主が客に対して「生涯で一冊の本」を売る。

探書壱 臨終
探書弐 発心
探書参 方便
探書肆 贖罪
探書伍 闕如
探書陸 未完

ホラーは苦手なのですが、本が好きなので楽しめました。明治の文豪や幕末の著名人が登場するのも楽しい。4章「贖罪」を読んでいくと「この人が客なのだろう」とわかってきて、最後にどんな本を勧めるのか興味津々。お、そう来たか。反面、それはないだろう。とも思う。複雑です。

「読まれぬ本を弔い、読んでくれる者の元へ届けて成仏されるが我が宿縁。(中略)読まれる本は紙くずですが、読めば本は宝となる。宝と為すか塵芥と為すかは人次第。私は、何千巻何万冊であろうとも、必ず我が楼に収めた凡ての書物を宝に変える所存」と、弔堂の主は言い切ります。

6章「未完」で紹介された『トリストラム・シャンディ』(The Life and Opinions of Tristram Shandy, Gentleman)は実在して、全9巻の未完小説とのこと。今度図書館で見てみようと思います。

お勧め度:★★★★☆

« ハリー・ポッターと呪いの子 (J.K.ローリング他) | トップページ | 岐阜・柳ケ瀬探訪:革靴と担々麺と金沢あかり坂 »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/69767951

この記事へのトラックバック一覧です: 書楼弔堂 破暁 (京極夏彦):

« ハリー・ポッターと呪いの子 (J.K.ローリング他) | トップページ | 岐阜・柳ケ瀬探訪:革靴と担々麺と金沢あかり坂 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ