« 神仙の告白 旅路の果てにー僕僕先生 10 (仁木 英之) | トップページ | 校閲ガール ア・ラ・モード (宮木あや子) »

2017年1月19日 (木)

校閲ガール (宮木あや子)

校閲ガール (角川文庫)
校閲ガール』の主人公・河野悦子はファッション誌の編集者に憧れて入社したのに配属されたのは校閲部。原稿の誤字脱字、ルビ、整合性、時代考証までチェックする、とっても神経をつかう仕事。ファッションが大好きで、気合のいれようは半端じゃない。思い込みが激しく、気が強く、ときに毒舌。それでも、過去のファッション誌の「歩く書籍データベース」ともいえる頭脳は、ただしく使えば社会の役にたつはず。

校閲は、作家の担当編集者とちがって、直接作家と会うことはないはずなのですが、なぜか作家のトラブルに巻き込まれてしまいます。「死ぬほどどうでもいいんだけど」と悪態をつきながらも、知らんふりできない悦子がいます。

最後は、同情しつつも大笑いさせてもらいました。おつかれさまでした!

お勧め度:★★★★☆

« 神仙の告白 旅路の果てにー僕僕先生 10 (仁木 英之) | トップページ | 校閲ガール ア・ラ・モード (宮木あや子) »

現代小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/69086280

この記事へのトラックバック一覧です: 校閲ガール (宮木あや子):

« 神仙の告白 旅路の果てにー僕僕先生 10 (仁木 英之) | トップページ | 校閲ガール ア・ラ・モード (宮木あや子) »