« 僕僕先生 零 (仁木英之) | トップページ | 薄妃の恋ー僕僕先生 2 (仁木英之) »

2016年11月28日 (月)

僕僕先生 (仁木英之)

僕僕先生 (新潮文庫)
僕僕先生 』は、元エリート官僚の父親の財産があるのにどうして働かないといけない? というニート青年・王弁が黄土山に出かけたときに出会ったのは僕僕と名乗る美少女だった、という物語。

その僕僕は仙人で、無限の命を持ち、雲に乗り千里を翔ぶことができる。一方、王弁は仙骨は持たないけれど仙縁を持つため、僕僕のそば近くにいることを許され、共に旅に出ます。王弁は次第に僕僕に惹かれ「働いたら負け」という信念を曲げ「弟子として術を教えてほしい」と請います。

新シリーズ『僕僕先生 零 』で僕僕は料理仙人なのですが、こちらでは医師というか薬師のようです。だから王弁も薬師として鍛えられます。最後のクライマックスのあと、僕僕は天界に呼び戻され、王弁のもとを去っていきます。

仙人らしい気まぐれと、とんでもない力を持つ、可愛らしい少女。だけど、酒は飲むし、口は悪いし、意地悪ばっかり言う。それでも王弁を邪険にすることはない。ビミョーな距離感を保ったまま踏み込むことができないでいる王弁にいらいらしつつも、気持ちはわからないでもない。そんな爆弾少女はどんなに見目麗しくてもご機嫌を損じるとキケン。まさに命がけの恋であります。

この一冊でちゃんと完結しているのですが、シリーズ化して続編が現在10巻まで出ています。

お勧め度:★★★★☆

« 僕僕先生 零 (仁木英之) | トップページ | 薄妃の恋ー僕僕先生 2 (仁木英之) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/68381191

この記事へのトラックバック一覧です: 僕僕先生 (仁木英之):

« 僕僕先生 零 (仁木英之) | トップページ | 薄妃の恋ー僕僕先生 2 (仁木英之) »