« 太陽の石 (乾石智子) | トップページ | 夜行 (森見登美彦) »

2016年11月22日 (火)

沈黙の書 (乾石智子)

沈黙の書
沈黙の書 』は「オーリエラントの魔道師」シリーズ第5弾。

主人公は風森村の「風の息子」ヴェリル。その弟が「山をまたぐウサギ」だったり「雨の娘」「三日月の望み」「賢い岩」「明日に飛ぶカラス」「速い赤い熊」というように、太古の、文明が芽生えるまえの世界のようだと思ったら、物語は「コンスル帝国建国前 627年」から始まります。いわゆる「紀元前」ですね。本シリーズの「エピソード 0」にあたるようです。

ある日、白狐が現れ、鍬、織機、斧、カラン麦の穂、弓矢、巻物、探検など、様々なものを口から出します。「雨の娘」は馬の人形を「三日月の望み」はカラン麦の穂を「風の息子」は迷った末に巻物を選んだのでした。風森村には魔法の力をもつ者が多く、周辺の町は彼らを戦に利用しようと企み、彼らも巻き込まれていくのでした。

「沈黙の書」は言葉ではなく絵で運命を示します。持ち主がその運命から逃れようと努力するならば、それは「希望の書」になるでしょう。今作も従来の作品同様、この世が闇に包まれ、悪魔のささやきに心が揺らぎながらも、かすかな希望の光を求めて、前に進もうとする魔道師の姿を描きます。あまりに絶望的な、悲惨な状況に、読んでいるこちらの心が折れそうになります。「死んだほうがマシ」というのはこういうことじゃないかと思うくらい。だから、あまり感情移入しないほうがいい。

ここまでシリーズ5冊を続けて読んだら(面白いのだけれど)心が磨り減りました。希望はあるといっても来世のことなんて考えられない。憔悴するので心が元気なときに読みましょう。

お勧め度:★★★★☆

« 太陽の石 (乾石智子) | トップページ | 夜行 (森見登美彦) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/68353746

この記事へのトラックバック一覧です: 沈黙の書 (乾石智子):

« 太陽の石 (乾石智子) | トップページ | 夜行 (森見登美彦) »