« 魔道師の月 (乾石智子) | トップページ | 沈黙の書 (乾石智子) »

2016年11月21日 (月)

太陽の石 (乾石智子)

太陽の石 (創元推理文庫)
太陽の石』は「オーリエラントの魔道師」シリーズ第3弾。2作目「魔道師の月」から数百年の時が流れ、衰亡したコンスル帝国の片田舎に住むデイスは、ゴルツ山で「太陽の石」を拾い、それが眠れる魔道師を目覚めさせてしまい…。

デイスが主人公なのですが、コンスル帝国の宮廷魔道師であるイザーカト兄弟の物語でもあります。兄弟の名は、ゲイル、テシア、ナハティ、カサンドラ、リンター、ミルディ、ヤエリ、イリア、デイサンダー。

この世界の魔道師は300年とか500年とか、とんでもない寿命をもつ上に、転生(生まれ変わり)するのでややこしい。たとえば、敵の魔道師を滅ぼしてもいずれ復活してくるわけで、油断大敵なのであります。

今回は9人の魔道師の「兄弟喧嘩」によって、国は傾き、大地は裂け、山が吹っ飛ぶという、大災厄の顛末が語られます。迷惑な連中です。

お勧め度:★★★★☆

« 魔道師の月 (乾石智子) | トップページ | 沈黙の書 (乾石智子) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/68300778

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の石 (乾石智子):

« 魔道師の月 (乾石智子) | トップページ | 沈黙の書 (乾石智子) »