« 名古屋能楽堂10月定例公演観劇記(狂言:鬼継子 能:通小町) | トップページ | ワキから見る能世界 (安田登) »

2016年10月24日 (月)

あらすじで読む名作能50選 (多田富雄)

新版 あらすじで読む名作能50選 (日本の古典芸能)
新版 あらすじで読む名作能50選 』は、能の代表的な演目を紹介する入門書。カラー写真が豊富で、あらすじを読んでから、解説を読むからわかりやすい。9月に観た名古屋片山能の「融」も載っていて、あらためて「ふーん、そういうことだったんだ」。

翁、道成寺、船弁慶、土蜘蛛、自然居士は一度は観てみたい。

幸い、名古屋城の南に名古屋能楽堂があり、平成28年度は5月、7月、9月、10月、12月、正月、3月に定例(特別)公演があります。正月には翁と楊貴妃があるのでぜひ観に行きたいと思います。

お勧め度:★★★★☆

« 名古屋能楽堂10月定例公演観劇記(狂言:鬼継子 能:通小町) | トップページ | ワキから見る能世界 (安田登) »

文化・芸術」カテゴリの記事

能楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらすじで読む名作能50選 (多田富雄):

« 名古屋能楽堂10月定例公演観劇記(狂言:鬼継子 能:通小町) | トップページ | ワキから見る能世界 (安田登) »