« 出雲の阿国 (上) (有吉佐和子) | トップページ | 絵本 夢の江戸歌舞伎 (服部幸雄) »

2016年9月27日 (火)

出雲の阿国 (下) (有吉佐和子)

出雲の阿国(下) (中公文庫)
出雲の阿国 』下巻では、阿国歌舞伎に名護屋山三が笛で飛び入りし、阿国は一目惚れ。しかし「天下一」の阿国は、男たちに我が身を思い知らせてしまい離れていってしまいます。秀吉の死後、家康の時代となり、阿国一座も江戸を目指します。

風に舞う木の葉のような旅芸人人生。歌舞伎が当たれば真似をする者が出てきて、阿国を憎いと思えば邪魔をする。つねに新しいものを求めて変わっていかなければ生き残れない。モノマネでは本物にはなれない。

解説にあるように「お国をめぐる四人の男の愛憎、人はパンのみにて生くるにあらずという芸術論、反体制文化(かぶき風俗)、和楽器発展史など主題の重層性」もおおきな魅力。といっても、出雲からお国を追いかけてきた男はうっとおしい。奴はフィクションでしょう。

歌舞伎の種を蒔いたお国の一生をあなたも読んでみませんか?

お勧め度:★★★★★

« 出雲の阿国 (上) (有吉佐和子) | トップページ | 絵本 夢の江戸歌舞伎 (服部幸雄) »

時代小説」カテゴリの記事

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/67551902

この記事へのトラックバック一覧です: 出雲の阿国 (下) (有吉佐和子):

« 出雲の阿国 (上) (有吉佐和子) | トップページ | 絵本 夢の江戸歌舞伎 (服部幸雄) »