« [AppleWatch旅] 松山で道後温泉に入ろう! | トップページ | [AppleWatch旅] 松山レンタサイクル観光 »

2016年8月31日 (水)

[AppleWatch旅] 松山で道後温泉に入ろう! 2

道後温泉で一泊した翌朝、6時に起きて朝風呂に行きます。

道後温泉本館は朝いちばんでもお客さんがいっぱい。今日は「神の湯階下」にしました。やっぱり昨日とおなじお風呂です。「神の湯二階」と脱衣所、湯船は共通です。次回来たときには、ちょっと贅沢して「霊の湯」個室に入りましょう。

熱いお湯に浸かって、となりの男性に話しかけたら台湾からの旅行者でした。尾道からしまなみ海道をサイクリングしてきたとか。いいなぁ。二泊三日あれば、わたしも走りたかった。日本には5回目だとかで、日本人より日本の観光地を知っているかもしれません。日本のどこに惹かれるのか、もうすこし突っ込んだ話がしたかったのですが、日本語があまり通じないのと、お湯にのぼせそうで上がってきてしまいました。

本館をあとにして、ホテルでもらった地図を片手に付近を散策してみることにしました。

Img_2846

ここは湯神社。お湯に入らせていただいたので御礼をしておきましょう。

Img_2848

「う、ここを登るの? せっかく汗を流したのに」と引いてしまいそうな階段を上ると伊佐爾波神社です。この社殿は石清水八幡宮を模したとされる八幡造で、国内では3箇所のみだとか。行きましたね、石清水八幡宮。花魁道中で大混雑してたっけ。

Img_2849

苦労して登った甲斐があって、いい眺め!

Img_2850

円満寺の右手の仏堂には「湯の大地蔵」が鎮座。なかなかの迫力ですので是非参拝を!(あえて写真は載せません)

Img_2852

ふと見上げると、空が広くて、うつくしい!

Img_2853

道後温泉本館の裏手に出ました。本館は観光客、椿の湯が地元の人と棲みわけがされているみたい。

Img_2858

ホテル「道後ねね」に戻ったら、1階の「ややダイニング」で朝食です。いわゆるバイキング形式で、好きなものを好きなだけいただけます。凝った料理がたくさん。というか、サラダコーナーでは名前がわかるものがキャベツしかない。これ、どう見てもピーマンだよね。いちいちスタッフを捕まえて訊くわけにもいかないし、とにかく気になるものは食べてみよう。

Img_2855

テーブルに注文票があって、唐揚げとフレンチトーストを頼み、サラダが終わると、おかずはスパゲティにひじきによくわからんもの…。冷奴が旨そう。味噌汁もほしい。でもクロワッサンもいいな。と思いつきで選んだら支離滅裂なメニューになってしまいました。ここで迷うことなく一貫したメニュー構成できる人は尊敬します。

お腹がいっぱいになったらホットコーヒーを淹れて、備え付けの日経新聞を広げます。いいなぁ、こういう休日。オレンジじゃなくて「みかん」ジュースもいただいて満腹、大満足!

このホテルはロビーに「おもてなしコーナー」があって、蛇口をひねるとみかんジュースが出るし、曜日と時間帯によっておにぎりが出るなど、ちょっとうれしいサービスがあります。チェックアウトも12時とゆっくりできるのもありがたい。また松山に来ることがあったら、ここに泊まります。

ただ、あくまでホテルなので、従業員と宿泊客の間には線が引かれていて世間話も盛り上がりません。そういうふれあいを求めるならちいさな旅館のほうがいいでしょう。

(つづく)

« [AppleWatch旅] 松山で道後温泉に入ろう! | トップページ | [AppleWatch旅] 松山レンタサイクル観光 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

Apple Watch」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [AppleWatch旅] 松山で道後温泉に入ろう! 2:

« [AppleWatch旅] 松山で道後温泉に入ろう! | トップページ | [AppleWatch旅] 松山レンタサイクル観光 »