« 鶴舞公園でポケモンGO | トップページ | 国を救った数学少女 (ヨナス・ヨナソン) »

2016年7月29日 (金)

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (森博嗣)

風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)
風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? 』は、Wシリーズ第3弾。チベット・ナクチュ特区にある神殿の地下にある遺跡が「人類の聖地」だということで、ハギリ博士は調査に赴きます。護衛のハギリが身体を張ってハギリを守るシーンもありますが、それよりも全編ヴォッシュらとの、生命とはなにか、人間とは、意識とは?といった議論、考察がほとんどを占めます。

ふつうに接していても区別がつかないくらい「ウォーカー」が人間に近づいたのなら、母胎から産まれた人間となにが違うというのか。ウォーカーに生殖機能をもたせる研究も進んでいるというから、考えようによっては人間とおなじなのではないか。

20世紀であれば荒唐無稽で一蹴されたかもしれませんが、21世紀のいま夢物語ではなくなってきているようで真剣に考えてしまいます。「ウォーカー」が兵士として利用されたら、国民の命を犠牲にすることなく戦争できるのです。

今回、マガタシキ博士が(名前だけで)出てこないなぁ、と思ってたら、出た、出ました! これはいよいよ目が離せなくなってきました。

お勧め度:★★★★☆

 

« 鶴舞公園でポケモンGO | トップページ | 国を救った数学少女 (ヨナス・ヨナソン) »

SF/ファンタジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1887876/66696990

この記事へのトラックバック一覧です: 風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (森博嗣):

« 鶴舞公園でポケモンGO | トップページ | 国を救った数学少女 (ヨナス・ヨナソン) »